ビットコイン(BTC)三尊からの急落後はレンジ形成!ここから下落に注意しつつ今後の値動きと戦略について

BTC
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてビットコイン(BTC)なのですが

直近では三尊が成立し108万円台まで急落

その後は反発を見せるも上値が重い状態で推移中

レンジを形成しつつもここからの下落にも注意が必要な場面

この事から今後の値動きと戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「ビットコイン(BTC)三尊からの急落後はレンジ形成!ここから下落に注意しつつ今後の値動きと戦略について」

と題しまして

記事の内容

・三尊からの急落後は上値が重くレンジを形成

・ここからの下落には注意しつつ今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・全ての移動平均線が抵抗帯となって上値が重い

・111万円台まで反発もそこからの下落には注意

 

今後の戦略

・長期線や直近高値ラインの111万円台のラインで反発なら戻り売り戦略

・下降トレンドラインの形成となった場合には短期線で反発なら戻り売り戦略

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回9月17日の暗号資産ビットコインの分析記事はこちら!

ビットコイン(BTC)三尊否定から116万円台まで上昇!調整に注意しつつ今後の値動きと戦略について

 

また前回9月18日の暗号資産リップルの分析記事はこちらになっているので参考に!

リップル(XRP)三尊を否定し一時27円台まで上昇!更なる上昇か?今後の値動きと戦略は

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




ビットコイン(BTC)上値が重くレンジ形成!下落にも注意!今後の値動きと戦略は

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャート分析

 

上昇チャネルの中を安値を切り上げて推移していたビットコイン(BTC)

三尊天井が成立し108万円台まで急落

その後は反発を見せるも上値が重い状態が見て取れる

9月23日午前11時半頃、ビットコイン(BTC)の価格は110万8000円台

全ての移動平均線が実体の上にあることから上値が重い状態であり

ここからの更なる下落には注意しつつ今後の値動きと戦略について

投資初心者にも解るように分析し解説していきたいと思います!

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の値動き

ビットコイン(BTC)の今後の値動き

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・全ての移動平均線が抵抗帯となって上値が重い

・111万円台まで反発もそこからの下落には注意

 

ビットコイン(BTC)の今後の値動きとしては

全ての移動平均線が抵抗帯となっている事から

簡単には大きく上昇していくには難しいところ

このまま長期線を越える事ができずに上髭をつける場合には

ここからの更なる下落には注意しておきたい

またフィボナッチでいうと0.382である111万円付近までの反発上昇は見込めるが

直近高値の111万7000円台を越えることができなければ

一旦の下落は覚悟しておいた方が賢明でしょう!

その場合には直近安値の108万7000円付近が視野に入ってくるので注意はしておきたい

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・長期線や直近高値ラインの111万円台のラインで反発なら戻り売り戦略

・下降トレンドラインの形成となった場合には短期線で反発なら戻り売り戦略

 

ビットコイン(BTC)の今後の戦略としては

上値が重い状態でレンジを形成しつつも

下落目線が捨てきれない状態となっている事から

ポジションを取るならば長期線や111万円台の直近高値ラインで反発された場合には

戻り売り戦略を検討していきたい。

さらに今後はこの状態が続けば短期線が更に下へと下げてくるので

下降トレンドラインが形成された場合には

短期線に反発されたら戻り売り戦略を検討していきたい

 

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



 

ビットコイン(BTC)今後の値動きを日足で分析

ビットコイン(BTC)の今後の値動きを日足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線と中期線との間でデッドクロスの形成

・1万ドルラインを割った場合には大きな下落に繋がる

 

ビットコイン(BTC)の今後の値動きを日足で分析してみると

基本的には紫色の下降チャネルの中で高値を切り下げて推移

短期線と中期線とのデッドクロスの形成から下落目線が強い相場となっている

また直近では白色の短期上昇チャネルを割って下落し

白色の上昇トレンドライン(上昇チャネルの下限ライン)で何とか反発した状態となっている

これからこの上昇チャネルの下限ラインを割ってくる展開となった場合には

1万ドルライン(約107万円付近)を割って大きな下落に繋がるので注視しておきたい

更に直近では長期線で反発され下落しつつある事からも

更なる下落には引き続き警戒しておいた方が良さそうだ!

 



 

ビットコイン(BTC)今後の値動きを週足で分析

ビットコイン(BTC)の今後の値動きを週足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・MACDでのデッドクロスの形成から1万ドルラインまでの下落に注意

・1万ドルラインや短期線で反発し再び115万円台を目指す上昇に期待

 

ビットコイン(BTC)の今後の値動きを週足で分析してみると

白色の上昇チャネルの下限ラインを試す値動きとなっていて

このラインを割ってくる場合には短期線がある104万円付近までの下落には注意したい

また更にMACDではデッドクロスの可能性が高い状態となるので

一旦は1万ドルライン(約107万円付近)までの下落の可能性が高いと言える

ただ逆にチャート的には短期線を含めた移動平均線が上向いた状態が継続している事から

1万ドルラインや短期線付近までの下落があったとしても

長期的にはそこからの大きな反発から再び115万円台を目指す値動きにも期待はしておきたい

 



 

まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

 

今回は

「ビットコイン(BTC)三尊からの急落後はレンジ形成!ここから下落に注意しつつ今後の値動きと戦略について」

と題しまして

記事の内容

・三尊からの急落後は上値が重くレンジを形成

・ここからの下落には注意しつつ今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・全ての移動平均線が抵抗帯となって上値が重い

・111万円台まで反発もそこからの下落には注意

 

今後の戦略

・長期線や直近高値ラインの111万円台のラインで反発なら戻り売り戦略

・下降トレンドラインの形成となった場合には短期線で反発なら戻り売り戦略

 

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

 

前回9月19日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

モナコイン(MONA)129円まで下落!更なる下落に注意!今後の値動きと戦略について

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

ビットバンクの登録に関しては下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

XRP (リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。