ビットコイン(BTC)上昇から下落目線へ!ここから更なる下落?今後の値動きと戦略は

BTC
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてビットコイン(BTC)なのですが

三角持ち合いの安値ラインである110万円まで下落した後に反発し

上昇トレンドラインに沿って持ち合い高値ラインである114万円台まで上昇

しかし持ち合いの高値ラインで反発後は再び持ち合い安値ラインに向けて下落

上昇から一転し下落目線へと傾いてきた事で

ここからは更なる下落となってしまうのか

今後の値動きと戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「ビットコイン(BTC)上昇から下落目線へ!ここから更なる下落?今後の値動きと戦略は」

と題しまして

記事の内容

・持ち合いの中で上昇から一転し下落目線へ

・更なる下落に注意しつつ今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・持ち合いの収束地点に向けて引き続き推移

・持ち合いブレイクの場合には直近高値114万3000円が意識

 

今後の戦略

・持ち合い収束地点に向けてボラティリティが小さくなる

・この事から方向性がはっきりするまで無理なく静観する戦略が大事

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

 

ではまずは前回10月2日の暗号資産ビットコインの分析記事はこちら!

ビットコイン(BTC)急落で一時110万円台!反発も上値が重い!今後の値動きと戦略について

 

また前回10月3日の暗号資産リップルの分析記事はこちらになっているので参考に!

リップル(XRP)急落から反発も24円台!更なる下落に注意しつつ今後の値動きと戦略は

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




ビットコイン(BTC)は下落目線へ!更なる下落か?今後の値動きと戦略は

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャート分析

 

大きな目線では三角持ち合いの中で推移している中で

持ち合いの高値ラインと安値ラインで意識されている状態となっている

直近では114万円の高値ラインで反発後は短期線を割って急落

10月7日午前11時現在、ビットコイン(BTC)の価格は112万1000円台

ここから再び持ち合いの安値ラインに向けて更に下落していく可能性が高く

今後の値動きと戦略について分析し解説していきたいと思います!

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の値動き

ビットコイン(BTC)の今後の値動き

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・持ち合いの収束地点に向けて引き続き推移

・持ち合いブレイクの場合には直近高値114万3000円が意識

 

ビットコイン(BTC)の今後の値動きとしては

三角持ち合いの収束地点に向けてこのまま推移していく可能性は高い

短期線にレジスタンスされる形でこのまま下落していき

持ち合い安値ラインまで価格を下げていくといった値動きとなる

そして再びこの安値ラインで反発となれば

持ち合いの高値ラインに向けての上昇となっていく可能性があるので注視していきたい

この持ち合い高値ラインをブレイクした場合のターゲットは

直近高値の114万3000円のラインが意識されるので

ここを突破していけるのか今後の値動きをみていきたい

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・持ち合い収束地点に向けてボラティリティが小さくなる

・この事から方向性がはっきりするまで無理なく静観する戦略が大事

 

ビットコイン(BTC)の今後の戦略としては

持ち合いの収束地点に向けてレンジを組むことで

ボラティリティが小さくなっていくので

ここはどちらに持ち合いをブレイクしていくのか静観していく事が大事

よって方向性がはっきりするまで静観していく戦略を検討したい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



 

ビットコイン(BTC)今後の値動きを日足で分析

ビットコイン(BTC)の今後の値動きを日足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・持ち合いを下抜けた場合には下降チャネルの中で高値を切り下げ推移

・トリプルボトムからの上昇で持ち合いを上方ブレイク

 

ビットコイン(BTC)の今後の値動きを日足で分析してみると

三角持ち合いの中での推移でこの持ち合い安値ラインを割った場合には

引き続き下降チャネルの中で高値を切り下げた状態で下落していくので注意は必要

逆に日足ではトリプルボトムの様な状態である事から

ここから持ち合いを上方ブレイクした場合には

短期線にサポートされながら下降雲の中に突入し

下降雲の高値ラインや中期線に向けて上昇していく見方もできる

まずはこの三角持ち合いをどちらにブレイクしていくのか

日足の今後の値動きについても注視してみていきたい

 



 

まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

 

今回は

「ビットコイン(BTC)上昇から下落目線へ!ここから更なる下落?今後の値動きと戦略は」

と題しまして

記事の内容

・持ち合いの中で上昇から一転し下落目線へ

・更なる下落に注意しつつ今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・持ち合いの収束地点に向けて引き続き推移

・持ち合いブレイクの場合には直近高値114万3000円が意識

 

今後の戦略

・持ち合い収束地点に向けてボラティリティが小さくなる

・この事から方向性がはっきりするまで無理なく静観する戦略が大事

 

 

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

 

前回10月4日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

モナコイン(MONA)大きな反発で131円台!ここから更に上昇?今後の値動きと戦略は

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

ビットバンクの登録に関しては下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

XRP (リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。