【暗号資産】ビットコイン半減期到達!下落目線からリップルも上昇出来るか!今後の展開と戦略

BTC & XRP

 

よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて暗号資産全体の値動きなのですが

昨日の同じ時間帯と比べて-2%前後の下落となっている

コインマーケットキャップで詳しくみて見ると

ビットコインは-1.2%、イーサリアムは-1.4%、リップルは-2.4%の下落率

 

そして暗号資産ビットコイン(BTC)ですが

今日5月12日午前4時過ぎに半減期を迎えました

しかし2日前には大きな急落から価格を下げた影響が大きく

一時反発を見せるも立ち直ってはいない状態となっている

 

また暗号資産リップル(XRP)ですが

ビットコインと同じような値動きとなっており

大きな上昇には期待は持てない状態となっている

 

この事からビットコインとリップルはこれからどうなっていくのか?

今後の展開と戦略について気になるところ

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコイン半減期到達!下落目線からリップルも上昇出来るか!今後の展開と戦略」

と題しまして

  • ビットコインは半減期を迎えたが下落目線が強く大きな上昇には厳しい状態
  • リップルもビットコイン同様に下落目線が強い状態である事

 

 

また本記事を参考にすると

今後の展開と戦略として

  • ビットコインは短期線及び中期線で反発されたら戻り売り戦略
  • リップルも下への意識が強い事から短期線で反発されたら戻り売り戦略を検討する

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回5月11日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコイン半減期到達!下落目線から上昇出来るか!今後の展開と戦略

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

2日前の急落で87万円台のサポートラインまで下落した後は

乱高下は激しい状態が続き半減期を迎えた

5月12日午前11時現在、ビットコイン(BTC)の価格は92万8000円台で推移し

半減期前に一時は98万円台まで上昇も半減期後には88万円台までの大きな下落となった

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開を分析してみると

下降トレンドラインで下髭を付けて下げ止まっており

91万円台の意識されているサポートラインで実体ベースで耐えてはいる

今後はここをしっかりと割らずに上へ目線を切り替えていけるかが重要となるが

短期線が中期線とデッドクロスが形成される可能性があるので

上値が重く下落目線が強くなってきそうだ

もし91万円のサポートライン及び下降トレンドラインを割って来る場合は

87万円及び84万円といったサポートラインまでの下落が意識されてくるので警戒はしたい

また逆にCMEの窓埋めの関係で今後どこかのタイミングで窓を埋めてくる展開として

ローソク足の実体ベース105万円あたりまでの上昇の可能性があるので注視はしていきたい

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略としては

91万円のサポートライン及び下降トレンドラインを割って来る展開となれば

大きな下落へと繋がるとともに下落目線が強くなるので警戒は必要な場面

逆に91万円台で反発し中期線及び短期線まで上昇したとしても跳ね返えされたら

戻り売り戦略を狙う事を検討していきたい

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャートで分析してみると

98万円台まで上髭を付けた後は髭ベースで

長期線及び200日移動平均線でサポートされている状態

なんとか下降トレンドラインを割る事なく方向性を探る動きとなっているものの

この下降トレンドラインを割って来ることになれば

一気に下落目線が強い展開となるので注視していく必要がある

この下降トレンドラインでしっかりと反発し

100万円辺りの高値切り下げラインを越えて行ける事に今後は期待はしていきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



【暗号資産】ビットコイン半減期後に下落目線からリップルも上昇出来るか!今後の展開と戦略

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ビットコイン半減期前後は乱高下が激しく上下の髭が目立ち

20円まで下落しても21円台まで上昇

そして再度20円まで下落といった目まぐるしい展開となった

5月12日午前11時現在、リップル(XRP)の価格は20.83円台で推移

基本的には2日前の急落から立ち直ってはいない状態が見て取れる

 

 

リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開としては

移動平均線で言えばデッドクロスが形成されているので

今後は短期線が下へと下がって来る展開となる

また200日移動平均線がレジスタンスとなって機能しているので

上値が重く下落目線が強い展開となってくるでしょう

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略としては

上値が重い展開が続く事が予想されるので

200日移動平均線及び短期線まで上昇したとしても

越えていくには厳しいと判断できる

そのため200日移動平均線及び短期線で反発されたら

再度大きな下落となるのでそこからの戻り売り戦略を狙っていきたい

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)日足チャートを分析してみると

大きな急落から下降トレンドラインを割ってきた状態ではあるので

今後は更に下落目線が強い展開となりそうだ。

また短期線を割って中期線でサポートされている展開ではあるものの

20円のサポートラインを割ってしまえば

2番底を目指す展開となるので警戒はしていきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】ビットコイン半減期到達!下落目線からリップルも上昇出来るか!今後の展開と戦略」

と題しまして

  • ビットコインは半減期を迎えたが下落目線が強く大きな上昇には厳しい状態
  • リップルもビットコイン同様に下落目線が強い状態である事

 

 

また今回の記事を読んだことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインは短期線及び中期線で反発されたら戻り売り戦略
  • リップルも下への意識が強い事から短期線で反発されたら戻り売り戦略を検討する事

についてお伝えしてきました。

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います。

 

さらにこれまでに暗号資産に関しての記事

日々更新していますので参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。