【暗号資産】ビットコイン半減期2日前に急落!リップルも更なる下落に警戒!今後の展開と戦略

BTC & XRP

 

よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて暗号資産全体の値動きなのですが昨日大幅に下落!

一時全体的にも-10%以上の急落となった

ビットコインに関しては-14%以上の下落となっていたが

しかし現在は反発しつつも方向性を伺う動きとなっている

現在のコインマーケットで詳しくみて見ると

ビットコインは-0.04%、イーサリアムは-1.2%、リップルは+0.1%となっていて

前日の同じ時間帯と比べてみるとほぼ変わらない状態となっている

 

そして暗号資産ビットコイン(BTC)ですが

半減期は明日の5月12日!

その2日前に急落した事により

半減期前の期待上げが終わった状態が判断できそう

 

また暗号資産リップル(XRP)ですが

ビットコインの急落に追随する形から大きく価格を下げてきた状態

この事からビットコイン(BTC)とリップル(XRP)はこれからどうなっていくのか?

今後の展開と戦略について気になるところ

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコイン半減期2日前に急落!リップルも更なる下落に警戒!今後の展開と戦略」

と題しまして

  • ビットコインは半減期の2日前に急落
  • リップルもビットコインに追随し大幅に下落

 

 

また本記事を参考にすると

今後の展開と戦略として

  • ビットコインは更なる下落から87万円から84万円台を意識し静観する戦略
  • リップルもビットコインの乱高下に振り回される事から静観していく事

について理解できる内容となっています。

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回5月8日の暗号資産ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)のチャート分析記事

こちらとなっていますので参考になさって見て下さい!

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコイン半減期2日前に急落!更なる下落に警戒!今後の展開と戦略

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

107万円台辺りでダブルトップを形成した後に価格を下げ始め

一旦は反発するも勢いが弱く短期線を割って来る展開となった

その後は下落の勢いが弱まる事なく急落し短期線を割り

一時は87万円までの下落となった

5月11日午前11時現在、ビットコイン(BTC)の価格は93万6000円台で推移

ビットコイン半減期の2日前に大きく価格を下げてきた事で

半減期に対する期待上げが終わった可能性が高い状況となっている

今回の急落には大口投資家などのクジラが大きく関わっているとの情報もあり

これからも引き続き値動きには注視が必要と言えるでしょう

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開を分析してみると

一時は87万円まで急落した後は強い反発から

実体ベースでは100日移動平均線にサポートされている状態

そして三角持ち合いの下値ラインである

91万円台がサポートラインとしてしっかり機能していて

ここで踏ん張れるかがキーポイントとなりそうだ。

この91万円のサポートラインを割って来る展開となれば

84万円のライン及び200日移動平均線までの下落を意識しておくと良いでしょう

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略としては

更なる下落の可能性を意識した戦略を検討していく方が賢明と考える

と言うのは過去にもビットコインが急落した場合には

数日後には更なる急落となるケースもあるからだ

その為に91万円のラインを割って来る展開となれば

一気に更なる下落があるので警戒しつつ

87万円から84万円台といった意識されるラインまでの下落を意識し

半減期前には乱高下も予想されるので静観していく戦略を検討していきたい

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャートを分析してみると

2017年12月に付けた高値から徐々に切り下げてきた下降トレンドラインを

一旦は上抜けて行く状態となったが107万円のラインで反発されて下落

短期線にサポートされている状態も

ここを割って来る展開となれば厳しい状況となっていきそう

ただ半減期前後に向けてまだ乱高下がありそうな展開ではあるので

再び下降トレンドライン及び100万円台のラインを目指し上昇して行けるのか

又は更なる下落となるのか引き続き注視しておく必要がある

 

 

ビットコイン(BTC)週足チャート分析

ビットコイン(BTC)の週足チャートを分析してみると

上髭では越える事が出来ても実体ベースでは

高値を切り下げている下降トレンドラインを越える事が出来ていない状態となっている

今後短期線まで下落した後に反発し下降トレンドラインを越えて行けるのか

又は短期線を割って中長期線までの下落から2番底を試す展開となってしまうのか

週足レベルでもとても重要な場面なので注視していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。



【暗号資産】ビットコイン半減期前の急落からリップルも急落!更なる下落に警戒!今後の展開と戦略

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

24円の上髭を付けた後は短期線あたりまで下落

ビットコインが半減期前に急落した状態となった事から

リップルも追随していく様な形から急落

短期線を割った後は200日移動平均線までも割る展開から

一時は20円台までの下落となった

5月11日午前11時現在、リップル(XRP)の価格は21.21円台で推移し

大きな上髭を付けて反発してきてはいる状態となっている

 



リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開を分析してみると

21円台前半という価格は急騰前に揉み合っていた価格帯ではあるので

ここの価格でレンジを組みつつ200日移動平均線がレジスタンスとして機能しそうだ

この21.5円台の200日移動平均線を越える事が出来れば

22.5円あたりの三角持ち合いの下値ラインを目指す展開となる一方で

ビットコインの更なる下落次第では20円を割ってくる展開となるので警戒はしておきたい

 

 

リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略を分析してみると

ビットコインの半減期前後は乱高下に振り回されてしまう展開が考えられるので

市場が落ち着いてくるまでは静観しいく戦略を取っていく方が賢明と言える

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)の日足チャートを分析してみると

これまでは短期線にサポートされていた状態であったが

実体ベースで割ってしまったので状況的には数日前とは一変した事が見て取れる

またビットコインの半減期数日後には

一目均衡表の雲のねじれがありそこからの大きな価格変動が起きる可能性がある

更なる下落となった場合には2番底を試す展開から

20円をしっかりと割って来るので警戒はしておきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

 

今回は

「【暗号資産】ビットコイン半減期2日前に急落!リップルも更なる下落に警戒!今後の展開と戦略」

と題しまして

  • ビットコインは半減期の2日前に急落
  • リップルもビットコインに追随し大幅に下落

 

 

また今回の記事を読んだことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインは更なる下落から87万円から84万円台を意識し静観する戦略
  • リップルもビットコインの乱高下に振り回される事から静観していく事

についてお伝えしてきました。

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います。

 

さらにこれまでに暗号資産に関しての記事

日々更新していますので参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。