【仮想通貨】ビットコインCME先物決済日でどう動く?リップルは調整か!今後のシナリオと戦略は?

BTC

 

こんにちは!

よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

そして分かりやすくbitbankでチャート分析を行っていきたいと思います!

 

まずは前回1月29日のビットコインとリップルのチャート分析記事は

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

 

では今回は「【仮想通貨】ビットコインCME先物決済日でどう動く?リップルは調整か!今後のシナリオと戦略は?」と題しまして

  • ビットコインCME先物決済日で価格はどう動くのか
  • リップルは調整により下落か

についてお伝えしていきたいと思います。

 

また今回の記事を読むことで

  • 気になる今後のシナリオとは
  • CME先物決済日を控えた戦略の取り方とは

について理解できる様になっています。

是非とも最後まで読んで頂き参考になさってみて下さい!

 

では早速ではありますが見ていきたいと思います!




【仮想通貨】ビットコインCME先物決済日でどう動く?今後のシナリオと戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

昨日の記事ではそろそろ調整が意識されてくるだろうとお伝えしていましたが

大きくな下落はなく102万円のラインでレジスタンスされた状態で

100万円から102万円の間で揉み合っている状態が見て取れます。

1月30日午前11時半現在、ビットコインの価格は100万7000円あたりで推移しており

心理的節目の100万円のラインで踏みとどまっている状況です。

気になる今後のシナリオなのですが、明日の1月31日にCME先物決済日が控えていることから

今日の午後から明日の朝方にかけて価格が大きく動く可能性があります。

どちらに大きく動いて行くのかは今の段階では分かりませんが

チャート的にはやはりローソク足の実体と移動平均線との乖離が大きいのと

これまでの上昇を考えて見ると大きな調整といった意味で価格を下げてくる可能性が高いと見ています。

その下落の場合には赤色の25日移動平均線の価格あたりの97万円までは下げてくるでしょう!

下げ止まらない場合には中期の移動平均線の95万円台

そして意識されてきた94万3000円のラインまで見ておく必要があると言えます。

今後の戦略としては基本的には価格を下げてくる可能性の方が高いですが

これまでの安全資産としてビットコインに資金が流れてきている現状や上昇の勢い

CME先物決済日が控えた現状を考えて見るとどちらに大きく動くのか難しいので

ポジションは取らないで静観してみるのが良いかもしれません。

 



【仮想通貨】リップルは調整か!今後のシナリオと戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ビットコインの上昇の影響で価格を緩やかに上昇してきたリップルですが

ここにきて調整の意味からか価格を下げてきた印象は受けます。

1月30日午前11時半現在、リップルの価格は25.27円で推移しており

移動平均線が重なっている価格である25円付近でなんとかサポートされている事が分かります。

今後のシナリオなのですがCME先物決済日の影響でビットコインが価格を大きくどちらかに動いてくるとした場合

リップルも大きな価格の変化があると言って良いでしょう!

予想としてはやはりこれまでの価格の上昇から伴う調整の意味から価格を下げてくる可能性が高いですが

ビットコインの上昇の勢いがある現状を考えてみると

どちらに大きく動くとは断言できないのが現状ではあります。

今後の戦略としてはビットコインと同様にポジションはとらずに静観していく方が賢明かと判断します。

 



まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は「【仮想通貨】ビットコインCME先物決済日でどう動く?リップルは調整か!今後のシナリオと戦略は?」と題しまして

  • ビットコインCME先物決済日でどう動くのか
  • リップルは調整により下落なのか

をお伝えしてきました。

 

また今回の記事を読んだことで

  • 気になる今後のシナリオについて
  • CME先物決済日を控えた戦略の取り方について

を理解できたかと思います!

是非とも参考にして頂きトレードに生かして欲しいと思います!

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事を日々更新していますので参考になさって見て下さい!

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。