【仮想通貨】ビットコインとリップルは続落からの反発があるのか!今後の展開と戦略は?

BTC & XRP

 

こんにちは!

よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて今日もNYダウが800ドル下げていたり

日経平均株価も一時400円ほど下落するなど

新型コロナウイルスの影響が大きく軟調な動きとなっています。

そして仮想通貨市場もその影響をうけてか

さらに続落し上値が重い状態となっています。

 

ビットコインに関しては前日比4%以上

リップルは8%以上の下落率となっており

主要コインは軒並み大きく下げている状態となっています。

 

そして連日にわたり大きく下げてきたわけですが

ここからの反発があるのか

今後の展開や戦略が気になるところだと思います!

 

そんな訳で

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

そして分かりやすくbitbankでチャート分析を行っていきたいと思います!

 

まずは前回2月25日のビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさってみて下さい!

 

 

では今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップルは続落からの反発があるのか!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは続落から下落目線が強い中でここからの反発があるのか
  • リップルも下落目線の中での反発し上昇していくのか

 

 

また今回の記事を読むことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインは一旦は反発を期待して104万円台までロングを検討
  • リップルも一旦は反発を期待して28円台までロング

についてお伝えしたいと思います。

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさってみて下さい!

 

では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【仮想通貨】ビットコインは続落からの反発があるのか!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

昨日の記事では三角保ち合いのディセトラの下値ラインであり

意識されている106万円あたりで推移していましたが

やはりここをしっかりと割ってきた形になりました。

ただ予想していた価格以上の下落があり

直近最安値ラインであった104万円を割って大きく下落

2月26日午後12時現在、ビットコインの価格は101万4000円台で推移

ちょうど100万円のラインで下髭を付けて下げ止まっている事が見て取れる。

今後の展開を予想し分析してみると

ディセトラの下値ラインを割ってきたことで下落トレンドが意識される展開の中

短期線や中期の移動平均線が下向きに下げてきていること

またMACDではデッドクロスからの下への意識が高まっている状況とはなっています。

しかし今回の急落に伴ってか短期線との乖離が大きいのと

RSIでは下げ過ぎであること

また直近では逆三尊の形成の可能性も考えられる展開から

ここから一旦は短期的にではありますが

反発し上昇をしてくる可能性もあるとは言えます。

その場合はフィボナッチでいうと0.382のラインあたりか

104万を意識した反発上昇の可能性があるとは言えます。

またフィボナッチの0.5あたりであり106万円までの反発までを期待したいところ

ただこれは短期的な予測であって日足レベルでは

RSIではまだ下げる余地があるのと

MACDでもデッドクロスから下落目線が継続から

今後は100万を割って来る可能性が非常に高いといえます。

今後の戦略を予想し分析してみると

一旦の反発を期待して104万円までロングを検討しつつ

最大で106万円までを視野に入れておきたい

ただ逆に下落目線濃厚な展開から

100万円を割る展開も予想するとともに

99万円台で反発してくれる事も合わせて期待しつつ注視してみていきたい。

ただ投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行うことが大切であり

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う様にしましょう!

 



【仮想通貨】リップルは続落からの反発があるのか!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ビットコインと同様に三角保ち合いのディセトラ下値ライン

大きく割って価格を下げた状況になっています。

2月26日午後12時現在、リップルの価格は26.57円台で推移

26円まで下げたあとは下髭を付けて一旦は下げ止まった状態が見て取れる。

今後の展開を予想し分析してみると

4時間足だけでなく日足でもMACDでのデッドクロスの形成

短期線や中期の移動平均線が下げてきていること

売りの出来高が大きいことや上値が重いことなど含めても

下落目線が継続ではありますが

ビットコインと同様に一旦の反発上昇があってもおかしくはない状況と見ています。

というのはRSIでは下げ過ぎではあることと短期線との乖離があるので

日足レベルの長期目線では下落目線が継続ではありますが

短期的には反発を期待しフィボナッチでいうと

0.382あたりの28円台までの反発の可能性はあること

また最大で0.5あたりの29円台までの反発には期待したい

今後の戦略を予想し分析してみると

この26円台で反発の可能性があることから

28円台までロングを検討していきたい

ただこの25円から26円台を割る可能性もあるので

今後は引き続き注視してみていく必要があると言えます。

 



まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップルは続落からの反発があるのか!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは続落から下落目線が強い中でここからの反発があるのか
  • リップルも下落目線の中で反発し上昇していくのか

 

 

また今回の記事を読んだことで

参考にしたい今後の展開や戦略として

  • ビットコインは一旦は反発を期待して104万円台までロング
  • リップルも一旦は反発を期待して28円台までロング

これらを検討し参考にして頂けたらと思います!

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事を日々更新していますので参考になさって見て下さい!

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。