【仮想通貨】ビットコインとリップル三角持ち合いから更なる下落か!今後の展開と戦略は?

BTC

 

よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて本日の全体的な値動きなのですが

連日の原油相場急落の影響でNYダウは続落

631ドル安の2万3018ドルとなっている

 

日経平均株価に関しては原油急落で一時400円超下落

Yahoo!ニュース
東京株、一時1万9000円割れ 米株下落嫌気(時事通信) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e4bb69b1da474e67559b9c75f2dc54efbbe16000
 22日午前の東京株式市場では、日経平均株価の下げ幅が一時、前日比400円を超え、取引時間中として8日以来、2週間ぶりに1万9000円を下回った。原油価格の急落を背景とした米国株安を嫌気し、幅広い銘

 

そして仮想通貨市場においては

昨日と同じ時間帯と比べて見ると特には大きな値動きはないものの

若干下げ気味な状況とはなっている

コインマーケットで詳しくみて見ると

ビットコインは-0.5%、イーサリアムは-0.4%、リップルは-0.2%の下落率となっている

 

現在ビットコインとリップルは三角持ち合いの下値ラインで推移しているが

上値が重い状態から更なる下落には警戒したい

そしてこの事からもこれからはどうなっていくのか

今後の展開と戦略が気になるところ

 

そんな訳で

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

分かりやすく僕なりの見解で

ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の

チャート分析を行っていきたいと思います!

 

まずは前回4月21日のビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

 

では今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル三角持ち合いから更なる下落か!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインとリップルは三角持ち合いの下値ラインで推移
  • 三角持ち合いを下抜けて更なる下落の可能性がある事

 

 

また今回の記事を読むことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインが持ち合いを下抜けた場合は72万円から70万円を視野に入れた戦略を検討
  • リップルも200日移動平均線を割った場合には18円台を意識する事

についての内容となっています。

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【仮想通貨】ビットコイン三角持ち合いから更なる下落か!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

直近の三尊天井からの急落の後は意識されていた75万円台のラインを割って

三角持ち合いの下値ラインで推移している状態

4月22日午前11時現在、ビットコインの価格は74万1000円台で推移し

持ち合いの下値ライン及び白色の200日移動平均線でなんとかサポートされている事が見て取れる

今後の展開を分析してみると

一目均衡表の雲のねじれからの大きな値動きが起こる可能性があり警戒はしておく必要があるのと

引き続き上値が重い展開から意識された75万円のラインを越える事ができない状況が長引けば

ここからの大きな下落の可能性が高くなるといって良いでしょう

その場合72万から73万円のラインで耐える事が出来なくなり

心理的な節目となる70万円のラインまで下落してくる訳であり

更にこのラインまで割ってきた場合には大暴落への可能性が高くなると言えます。

 

また日足チャートでビットコインを分析してみると

アセトラの三角持ち合いの中で短期線上での攻防となっていて

上昇トレンドラインをなんとか割らずに耐え忍んでいる状況となっている

また直近ではダブルトップが形成された状態となっているので

短期線を実体ベースでしっかりと割って来る展開となれば

持ち合いの下値ラインを割って更なる下落へと繋がる可能性が高いと言える

 

今後の戦略を分析してみると

持ち合いの下値ラインを明確に割って来る展開となれば

下落していく事が非常に高まるためショート目線での戦略を検討していきたい

その場合は70万円の心理的節目ラインをターゲットとしつつ

このラインを割ってしまえば2番底を試す目線へと繋がるので

更なる大きな暴落には警戒はしてきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。



【仮想通貨】リップル三角持ち合いから更なる下落か!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

直近では三尊天井からの急落から200日移動平均線まで下落

しかししっかりとサポートされて反発し上昇するも

意識されている20円のラインを越える事が出来ずに上値が重い状態となっている

4月22日午前11時現在、リップルの価格は19.82円台で推移し

これからはどうなっていくのか気になる展開と言える

今後の展開を分析してみると

なんとか200日移動平均線でサポートされた状態であるものの

短期線と中期線とでデッドクロスが形成された事で更なる下落の可能性が出てきた状態

そして一目均衡表の雲のねじれから大きく価格が動いてくる可能性が高まった印象となっている

これから200日移動平均線を割って来る展開となれば

18.7円台で下髭を付けた4月16日の価格帯まで下落してくるでしょう

 

また日足チャートでリップルを分析してみると

ビットコイン同様にアセトラの中で三角持ち合いを形成していて

一目均衡表の分厚い下降雲が抵抗帯となっている事でやはり上値が重い状態となっている

また直近としてはダブルトップからの下落となる事で下への意識の方が高い状況となっている

短期線上での攻防となっているがアセトラの下値ラインを割って来る展開となれば

更なる下落となってしまうので警戒はしていきたい

 

今後の戦略を分析してみると

4時間足で200日移動平均線を明確に割って来る展開となれば

下落していく事が非常に高まるためショート目線での戦略を検討

その場合は18円台まで下落するとともにビットコイン次第では

更なる大きな暴落には警戒はしてきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル三角持ち合いから更なる下落か!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインやリップルは三角持ち合いの下値ラインで推移
  • 三角持ち合いを下抜けて更なる下落の可能性がある事

 

 

また今回の記事を読んだことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインが持ち合いを下抜けた場合は72万円から70万円を視野に入れた戦略を検討
  • リップルも200日移動平均線を割った場合には18円台を意識する事

についてお伝えしてきました。

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います。

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事

日々更新していますので参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。