【暗号資産】ビットコイン下落からのダブルボトム形成か!リップルも上値が重く下落目線!

BTC & XRP
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてビットコイン(BTC)やリップル(XRP)は上値が重く下落目線が強い相場となっており

ビットコインは100万円を割る下落となるのか

リップルは20円を割る下落となってしまうのか

今後の展開と戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコイン下落からのダブルボトム形成か!リップルも上値が重く下落目線!」

と題しまして

記事の内容

・ビットコイン下落!ダブルボトムを形成か

・リップルも上値が重く下落目線か

 

今後の展開と戦略

・ビットコインは基本は戻り売り戦略!ダブルボトム形成後はロング検討

・リップルも戻り売り戦略!ダブルボトム形成後はロング検討

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回6月12日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

【暗号資産】ビットコイン急落!100万円を割る展開!リップルも20円台まで下落

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記より登録が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコイン(BTC)下落からのダブルボトム形成か!

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャート分析

上値が重い状態が続き短期線が更に垂れ下がってきた事から下落目線が強い相場が見て取れる

6月15日午前10時現在、ビットコイン(BTC)の価格は100万円台で推移し

下落からのダブルボトムを形成する様な状態となっている

現在は青色のレジサポライン上で推移し下に割って来るのか注目したい

ただ逆にこのレジサポラインで大きく反発した場合には

一目均衡表の雲のねじれからの大きな上昇には期待はしたい

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・ディセトラを下に割る

・レジサポラインを割れば大きな下落

 

直近では上値切り下げ下値一定のディセトラを形成

しかしこのディセトラを下に割って下落してきた事で下への意識が高まった

また、青色のレジサポラインを明確に割って来ると

ダブルボトムを形成する様に更なる下落へと繋がる

その場合は97~98万円台が意識される展開となりそうだ

 

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の3つ

参考にしたい3つのポイント

・短期線タッチの戻り売り戦略

・レジサポライン割ったら下落を意識した戦略

・ダブルボトムを形成後反発した場合はロング戦略

 

基本は下落目線の強い相場となっているので

短期線タッチの戻り売り戦略が有効

今後レジサポラインを割ってきた場合は更なる下落を意識した戦略を検討する

下落からダブルボトムを形成した場合にしっかりと反発し上昇となる場合は

そこからのロング戦略を検討したい

 

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・黄色の平行チャネル内での推移

・青色のレジサポラインでサポート

 

日足チャートでは黄色の平行チャネル内での推移が見て取れる

現在レジサポラインでサポートされている状態ではあるが

今後ここを割って来る展開となれば

平行チャネルの下限までの下落へと繋がる

またこのこの下限で下げ止まり反発できるのか

又は下限を割ってくれば91万円台が意識されるので警戒はしたい

 



ビットコイン(BTC)週足チャート分析

ビットコイン(BTC)週足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・一旦の下落から91万円台は意識

・サポートは厚く長期的には上目線

 

高値を切り下げた持ち合いを上抜けた後は上昇の勢いが衰え陰線を形成

下落が進めば短期線がある91万円台までの下落には注意はしたい

しかし移動平均線がローソク足の全て下にある事から

サポートがしっかりとしており基本は長期的には上目線の相場である事が見て取れる

 



【暗号資産】リップル(XRP)も上値が重く下落目線!

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

上値が重く高値を切り下げた相場であり更なる下落へと繋がりそうな状態

6月15日午前10時現在、リップル(XRP)の価格は20.41円台で推移

短期線がレジスタンスとなり上値が抑え込まれた状態で状況は厳しい事が見て取れる

 

 

リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・ダブルボトムを形成する様に20円まで下落

・ダブルボトムを形成した後に20円のラインで反発できるか

 

リップルは非常に厳しい状態から更なる下落へと繋がるでしょう!

現状はダブルボトムを意識した下落へと繋がり20円のラインが視野に入る

この20円のラインでダブルボトムを形成後に反発し上昇出来る展開となるのか

注目してみていくポイントとなる

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の3つ

参考にしたい3つのポイント

・短期線タッチの戻り売り戦略

・基本は更なる下落を意識した戦略

・ダブルボトムを形成後反発した場合はロング戦略

 

ビットコイン同様に基本は短期線タッチの戻り売り戦略が有効な相場

上昇の勢いが弱いので今後は更なる下落には警戒した戦略を検討すべき

またダブルボトムを形成する下落から20円のラインが意識され

このラインで反発した場合にはロング戦略を検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・20円のサポートラインは強固

・高値切り下げ安値一定のディセトラを形成中

 

リップルはこの20円のサポートラインは強固であり何度か跳ね返している事が見て取れる

しかしチャートパターン的には高値切り下げのディセトラを形成しているので

セオリー通りならば下へと抜けて大きな下落へと繋がるので警戒はしておきたい

下に抜けた場合には19円台や18円台が意識されそうだ

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】ビットコイン下落からのダブルボトム形成か!リップルも上値が重く下落目線!」

と題しまして

記事の内容

・ビットコイン下落!ダブルボトムを形成か

・リップルも上値が重く下落目線か

 

今後の展開と戦略

・ビットコインは基本は戻り売り戦略!ダブルボトム形成後はロング検討

・リップルも戻り売り戦略!ダブルボトム形成後はロング検討

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

さらに登録に関する関連記事も下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC & XRP (ビットコイン&リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。