【暗号資産】ビットコイン97万円リップル20.3円まで下落も反発!しかし更なる下落には警戒!

BTC
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてビットコイン(BTC)なのですが

長く続いたレンジ相場からようやく動き出し

持ち合いを下抜けし97万円台まで下落

その後は反発するものの更なる下落の可能性が高い

 

そしてリップル(XRP)に関しても

ビットコインの下落と同様に価格を下げ20.3円まで下落後は反発

しかし下への意識が高い状態となっている

 

この事から今後の展開と戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコイン97万円リップル20.3円まで下落も反発!しかし更なる下落には警戒!」

と題しまして

記事の内容

・ビットコインは97万円台まで下落し反発も更なる下落には警戒

・リップルは20.3円まで下落から反発も下落目線

 

今後の展開と戦略

・デッドクロスからの更なる下落

・短期線など意識されるラインで戻り売り戦略

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回7月15日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

【暗号資産】ビットコインとリップルはレンジ継続もまもなく大きな動き!上昇か下落かの局面

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記より登録が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコイン97万円まで下落も反発!しかし更なる下落には警戒!

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャート分析

 

これまで意識される100万円のライン付近でレンジを形成していたビットコイン(BTC)

短中長期線のサポートを下抜けし持ち合いの下限ラインを割る下落

その後は97万円台のラインで反発してきた状態が見て取れる

7月17日午前9時半現在、ビットコイン(BTC)の価格は98万2000円台

持ち合い下限ラインまで戻してきたがここからの更なる下落には警戒していきたい場面

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線と中長期線との間でデッドクロスの形成

・下への意識が高い事から96万円や94万円のラインまで下落

 

持ち合いを下抜けし97万円台のラインで反発上昇するも

短期線と中長期線との間でデッドクロスが形成されたので

ここからの更なる下落へと警戒していきたい場面

また紫色の下降トレンドラインや持ち合い下限のラインで反発される可能性が高く

下への意識が高い事から96万円のラインが次の下落ラインとなりそう

更にここを突破されると94万円のラインまでの下落へと繋がるので注視しておきたい

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の1つ

参考にしたい1つのポイント

・短期線などに反発されたら戻り売り戦略

 

持ち合いを下抜けて下への意識が高い状態であるので

このまま短期線が下へと下げてくるため

短期線や下降トレンドライン、意識される水平線など

これらにタッチし反発されたら戻り売り戦略を検討していきたい

 

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線がレジスタンスとなっているので下への意識

・バブル以降に長期線でサポートされた実績がない

 

日足で連続して陰線が形成され持ち合いを下に抜けそうな状態

また短期線がレジスタンスとなっているので下への意識が高い

今後は長期線がある96万円がターゲットとなるが

バブル以降にこの長期線まで実体が下げてきた時に

サポートされた実績が無いことから長期線を割って下落する可能性がある

その場合には200MAがある92万円台付近まで下落

ここを割ると87万円台の下落に繋がるので警戒はしておきたい

 



【暗号資産】リップル20.3円まで下落反発!しかし更なる下落には警戒!

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

 

21円台で長らくレンジを組んで揉み合っていたリップル(XRP)

短期線を割って持ち合いを下に抜けて下落し

20.3円まで価格を落とした後は反発し上昇

しかし中期線や21円のラインでレジスタンスされた状態が見て取れる

7月17日午前9時半現在、リップル(XRP)の価格は20.83円台で推移

紫色の下降トレンドラインに反発されそうな状況で

ここからの更なる下落へと警戒していきたい

 

 

リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線と中期線との間でデッドクロスの可能性

・下落目線が濃厚で意識される20円のラインが重要

 

短期線が上から降りてきて中期線との間でデッドクロスの形成となれば

ここから更なる下落へと繋がる展開となる

また下への意識が高くなってきた事から下落目線が濃厚であり

紫色の下降トレンドラインに反発されて価格を落とす事となるので

20円の意識されるラインで下げ止まれるかが重要となってくるでしょう

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の1つ

参考にしたい1つのポイント

・短期線などで反発されたら戻り売り戦略

 

短期線と中期線との間でデッドクロスが形成されたら下への意識が高くなる

よって短期線や下降トレンドライン、水平線など意識されるラインで反発されたら

戻り売り戦略を検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・意識される20円のラインや短期線でサポート

・現物買い増しなら18.5円付近検討

 

22.5円の水平ラインや200MAに反発された後は勢いが無くなってきたリップル(XRP)

陰線が連続して形成し下降雲に沿った形で価格を落とした後は中長期線を割って下落

短期線や20円のラインでサポートされているものの

ここまでの下落は視野に入れておきたい

もしここを割る展開となれば18.5円付近がターゲットとなるので

現物で買い増しを検討するならここのタイミングで分散で買い増しをしていきたい

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】ビットコイン97万円リップル20.3円まで下落も反発!しかし更なる下落には警戒!」

と題しまして

記事の内容

・ビットコインは97万円台まで下落し反発も更なる下落には警戒

・リップルは20.3円まで下落から反発も下落目線

 

今後の展開と戦略

・デッドクロスからの更なる下落

・短期線など意識されるラインで戻り売り戦略

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

前回7月16日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

【暗号資産】モナコイン180円での攻防!持ち合いをどちらに抜けるか今後の値動きは?

 

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

さらに登録に関する関連記事も下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。