【暗号資産】ビットコインはアセトラからの上昇で100万円突破か!リップルも持ち合いブレイク?

BTC
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてビットコイン(BTC)なのですが

三尊天井からの下落とはいかずに

中長期線にサポートされつつ安値を切り上げてきた状態で推移

そしてここから100万円を突破できるかの局面となっている

 

そしてリップル(XRP)に関しても

短期線付近での攻防から

直近の三角持ち合いをどちらかにブレイクしそうな状態となっている

 

この事から今後の展開と戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコインはアセトラから上昇で100万円突破か!リップルも持ち合いブレイク?」

と題しまして

記事の内容

・ビットコインはアセトラからの上昇で100万円を突破できるか

・リップルも直近では持ち合いを形成しどちらかにブレイクの可能性

 

今後の展開と戦略

・ビットコインは方向性がはっきりするまで静観も小まめな利確

・リップルは持ち合いブレイクした方の戦略を検討

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回7月10日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

【暗号資産】ビットコイン急落で100万円を割る!三尊から更なる下落か!リップルも大幅下落

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記より登録が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコインはアセトラからの上昇で100万円突破か!

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャート分析

 

三尊天井からの大きな下落とはいかずに

緑色の安値を切り上げた三角持ち合いの下限のラインで反発

短期線までの上昇と中長期線までの下落を繰り返し

安値を切り上げて高値を一定の紫色のアセトラを形成

7月13日午前11時現在、ビットコイン(BTC)の価格は99万5000円台

アセトラの持ち合いの中で上下に大きな髭を形成し

高値は200MAでレジスタンスされた後は

方向性を伺いながら100万円を突破する上昇が期待される局面となっている

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線にサポートされる形からアセトラを上方ブレイク

・上昇雲の上での髭から下落の可能性も

 

紫色のアセトラの中で短期線にサポートされる形で推移できた場合

近いうちこのアセトラを上方ブレイクし100万円を突破する上昇が期待されるが

その後は緑色の持ち合い高値ラインが意識され反発される可能性が高い

また短期線が下げてきている事や直近では上昇雲の上で上髭を付けたので

ここからの下落といった展開も捨てきれず

緑色の大きな持ち合いの中で引き続きレンジを組んで推移していき

方向性を伺う動きとなっていくでしょう

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・大きな動きが出るまで静観

・レンジ内での小まめな利確

 

大きな持ち合いの中で推移しており

今週中にもどちらかに大きくブレイクするので

それまでは方向性が定まっていないため静観する戦略を検討

又はレンジ内相場からチャートに張り付き

高値付近でショート、安値付近でロングといった

小まめな利確を繰り返し資産を増やす戦略も検討してみるのも面白い

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の3つ

・下降チャネル内で推移

・緑色の持ち合い下限ラインが重要

・高値を切り下げた下降トレンドラインで反発

 

ビットコインの日足ベースでは引き続き黄色の下降チャネル内での推移から

高値を切り下げた状態となっている

そして現在は緑色の持ち合い下限あたりの推移から

ここを割ってしまうと大きな下落となってしまうので警戒は必要な局面

その場合には97万円台や94万円台といった

下降チャネルの下限を試す下落には注意していきたい

 



【暗号資産】リップルも持ち合いブレイク?

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

 

22.5円台の高値をつけた後は調整から短期線まで下落したものの

この短期線を大きく割る事なく直近では持ち合いを形成しているリップル(XRP)

7月13日午前11時現在、リップル(XRP)の価格は21.45円台

現在はこの緑色の持ち合いをどちらかにブレイクしそうな局面となっている

 

 

リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・上方ブレイクなら22.5円を試す上昇

・下方ブレイクなら21円からフィボナッチ0.618のラインの下落

 

直近では持ち合いをどちらかにブレイクしそうな局面であるリップル(XRP)

日々リペイントしつつその局面を注視していきたいが

この持ち合いを近いうちに上方へブレイクしていくとすれば

直近高値の22.5円を試す動きとなっていくでしょう

ただし持ち合いを下方ブレイクしていく場合には

直近の下髭である20.5円の価格が意識され

更にここを割る様な状態となれば

フィボナッチ0.618の20.2円くらいまでの下落には警戒しておきたい

ただここのラインは中長期線があり意識される価格帯ではあるので

ここから反発し上昇といった展開には期待は持てるでしょう

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・上方ブレイクなら順張りから22.5円のダブルトップ意識した戦略

・下方ブレイクならショートから20.2円で反発なら途転ロング戦略

 

持ち合いを上方ブレイクした場合には順張りから22.5円付近までロング

その後はダブルトップを意識した戦略に切り替えたい

また下方ブレイクした場合には21円付近までショートを検討しつつも

安値を更新となった場合にはフィボナッチでいう0.618の

20.2円で反発なら途転ロング戦略を検討したい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線が上向きで上への意識はある

・中長期線を割った場合には短期線がある20円が視野

 

リップル日足では22.5円付近まで上昇するも

200MAで反発されて下降雲の中を推移している状況

21円付近では中長期線がサポートとして機能しつつ

短期線が上向いてきている事から上への意識はある事が見て取れる

ただこの下降雲の中で安値を切り下げる展開が続いた場合には

中長期線を割って短期線がある20円までの下落となるので注意しておきたい

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】ビットコインはアセトラからの上昇で100万円突破か!リップルも持ち合いブレイク?」

と題しまして

記事の内容

・ビットコインはアセトラからの上昇で100万円を突破できるのか

・リップルも直近では持ち合いを形成しどちらかにブレイクの可能性

 

今後の展開と戦略

・ビットコインは方向性がはっきりするまで静観も小まめな利確

・リップルは持ち合いブレイクした方の戦略を検討

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

前回7月9日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

【暗号資産】モナコイン(MONA)189円台まで上昇!調整から更なる下落には警戒も上昇維持

 

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

さらに登録に関する関連記事も下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。