【仮想通貨】ビットコインとリップルは三角保ち合いでレンジ相場!今後の戦略は?

BTC & XRP

こんにちは!よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

そして分かりやすくbitbankのチャートにて分析を行っていきたいと思います。

 

まずは前回1月11日のビットコインとリップルのチャート分析記事は

こちらになっていますので参考になさって見て下さい。

 

では今回は「【仮想通貨】ビットコインとリップルは三角保ち合いでレンジ相場!今後の戦略は?」と題しまして

仮想通貨ビットコインとリップルが三角保ち合いの状況からレンジ相場になってきたこと

そして今後の戦略をお伝えしたいと思います。

 

この三角保ち合いのレンジ相場の状況下でも取れる戦略はあり

この記事を読むことでトレードで利益を出せるようになっています。

 

では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 

【仮想通貨】ビットコイン三角保ち合いでレンジ相場!今後の戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見て振り返ってみると

数日前に直近最高値の91万4000円あたりをつくった後、84万円台の意識されたサポートラインで押し目をつけたのち反発し上昇

その後は90万円の水平ラインで頭打ちにあいレジスタンスされた状態で下落に転じてきました。

1月12日の昼12時現在、ビットコインは88万2000円あたりで推移しており赤色の25日移動平均線上でのサポートされるかの攻防をしていることが見て取れます。

結果的には前回の記事でもお伝えしていた様にダブルトップが形成された状態になり下落してきて

高値を切り下げた状況で三角保ち合いに入ってきた様に感じます。

今後の戦略としてはこの三角保ち合いのボラティリティの大きな相場を上手く利用する方法があります。

紫色の三角保ち合いの高値を切り下げたラインと下値を切り上げたラインとのレンジ幅で短期的にトレードをして利益を得るという事です。

ですからこの連休中は短期的に小刻みにトレードで利益を得られるチャンスでもあるので検討してみても良いのでは!という事です。

ただ現在は赤色の25日移動平均線での攻防からここをしっかりとサポートとして下げ止まった場合には

ここからの上昇の場合もあることと

逆にダブルトップが直近で形成されてしまっているのでここからの急落の場合も視野にいれておく必要もあるかとは思います。

しかし三角保ち合いを抜けるのが連休明けあたりにはなる可能性はあるので

それ以降は上に抜けて行くのか、または下に抜けて行くのかは追って分析をしていきたいと思います。

ただ投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行うことを周知するようにして下さい!

 



【仮想通貨】リップルも三角保ち合いでレンジ相場!今後の戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみるとリップルもビットコインと同じ様な値動きをしている事が見て取れます。

つまり数日前に24.4円辺りの直近最高値を作ったあとに調整により下落

その後に押し目を付けた後に上昇に転じてダブルトップが形成されてきた状況です。

1月12日昼12時現在、リップルの価格は23.16円あたりで推移していて赤色の25日移動平均線上でサポートされた状態でいます。

今後の戦略としては上値を切り下げた紫色のトレンドラインと

下値を切り上げたラインとの三角保ち合いであることがビットコインと同様に見て取れます。

つまり戦略としてはビットコインと同じ様にボラティリティを利用したトレードで利益を得る方法はあります。

ただリップルに関しては予想だにしない大きな値動きがあったりするので

BTCFXでトレードをする方が無難であると思っています。

また今後はどうなっていくかを予想してみるとしっかりと短期線でサポートされれば上への意識は高くなり

三角持ち合いを抜ける場合には上昇していく可能性は高くなりますが

逆に三角保ち合いのレンジ相場内でリップル特有の予期せぬ下落が起きた場合には

中長期の移動平均線が密集しているラインで特にこれまで意識していた21.6円のサポートラインまで

下落してしまう可能性はあるかと考えています。

そしてここのサポートラインでしっかりとサポートされることが重要になってくるかと思います。

引き続き今後の値動きには注視していきたいですね!

 



仮想通貨取引所でおすすめは「bitbank」

bitbank

僕が仮想通貨取引所でおすすめする一つに

ビットバンク(bitbank)という取引所があります。

 

僕が現在、取引の際に主に使わせてもらっている日本国内にある仮想通貨取引所であり

特にリップルXRPの取引量に関しては世界一になっている取引所でもあります。

 

このbitbankについての詳しい事や登録などに関しては下記の参考記事をご覧になってみて下さい。

簡単に理解できる内容になっています。

参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】どんな取引所なのか?また登録から口座開設まで紹介!

参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】入金・出金方法を簡単に解説!

 

以上のことからもbitbankの登録がまだの方はこちらの

ビットバンク公式サイトから簡単に登録できますので参考してみてくださいね!

bitbank



まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は「【仮想通貨】ビットコインとリップルは三角保ち合いでレンジ相場!今後の戦略は?」と題しまして

仮想通貨ビットコインとリップルが三角保ち合いの状況でレンジ相場を形成していること

そして今後の戦略としては三角保ち合いのレンジ相場のボラティリティを利用したトレードで利益を得ることを紹介してみました。

 

このレンジ相場内でのボラティリティを利用したトレードで連休中は少しでも利益を取れる様にしていきたいですね!

 

ただ投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任が伴ってくるので周知はしておきましょう!

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事を日々更新していますので参考になさって見て下さい!

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事一覧

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。