【暗号資産】ビットコイン急落!100万円を割る展開!リップルも20円台まで下落

BTC
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて暗号資産全体の値動きなのですがまずは

NYダウが一時1900ドルの暴落

Yahoo!ニュース
ダウ暴落 過去4番目の下げ幅 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6362270
11日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均は、前日比1861・82ドル安の2万5128・17ドル(速報値)で取引を終了した。値下げ幅は3月16日以来の大きさで、過去4番目の下げ幅を記録した。

 

この影響を受けてビットコインだけでなく他のアルトコインまで大きく下落した

 

今回のNYダウの暴落は新型コロナウイルスの「第2波」を警戒した事による下落

経済活動の再会から感染者が増えてきた事による警戒感からとみられている

また日経平均株価もNYダウの暴落で一時600円ほど下落

一時2万2000円台を割る形となった

Yahoo!ニュース
東証 一時節目の2万2千円割れ - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6362284
12日午前の東京株式市場で日経平均株価(225種)が一時、前日終値比で500円超下げ、節目の2万2000円を割り込んだ。取引時間中では6月1日以来。

 

 

またコインマーケットキャップで詳しくみて見ると

ビットコインは-5.6%、イーサリアムは-6.3%、リップルは-5.7%の大きな下落

他の主要アルトコインも-5%から-7%程下落している

 

そして暗号資産ビットコイン(BTC)ですが

持ち合いを大きく下に抜けて急落

100万円台を割る展開となった

 

また一方の暗号資産リップル(XRP)ですが

ビットコインの急落に追随する形で急落

20円のラインまで下げる形となった

 

この事からビットコイン(BTC)とリップル(XRP)

これからどうなっていくのか

今後の展開と戦略について気になるところ

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコイン急落!100万円を割る展開!リップルも20円台まで下落」

と題しまして

  • ビットコイン急落!100万円を割る展開も反発し上昇
  • リップルも20円まで急落!その後は反発し上昇

 

 

また本記事を参考にすると

今後の展開と戦略として

  • ビットコインは200日移動平均線及び102万円付近で戻り売り戦略
  • リップルは20.8円付近まで反発上昇後戻り売り戦略

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記ボタンより登録が可能!

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回6月8日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

【暗号資産】ビットコインは103万円台迄下落!その後反発上昇で方向性を伺う動き!リップルも不安定な相場

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコイン急落!100万円を割る展開!

ビットバンク(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャートで分析してみると

高値を切り下げて下降トレンドラインで反発

107万円のレジスタンスを突破する事が出来ずに

持ち合いを下に抜けて短期線を割って急落

100万円を割って97万6000円あたりで下髭を付けた後は

青色のレジサポラインで下げ止まった状況

6月12日午前11時半現在、ビットコイン(BTC)の価格は99万9000円前後で推移し

現在は反発し上昇しつつある事が見て取れる

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開としては

青色のレジサポラインで下げ止まりしっかりと反発できれば価格を戻す状況となる

その場合には200日移動平均線や102万円あたりのラインまでの上昇が期待できる

ただし短期線が大きく下に向いてくる事から

基本は下落トレンドを作っていく可能性が高い為

今後は更なる下落には警戒していきたい

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略としては

200日移動平均線及び102万円あたりまで反発上昇後に戻り売り戦略を検討

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャートで分析をしみると

コロナショック以降、安値を切り上げた上昇トレンドラインを割る展開となる

その後は青色のレジサポラインで下げ止まり反発しつつある状態

しかし今後、このレジサポラインを割って来る展開となれば

高値を切り下げてきた下降トレンドラインを意識した下落に繋がるので警戒は必要と言える

その場合は91万円の水平ラインが意識される展開となりそうだ

 



【暗号資産】リップルも20円台まで下落!

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャートで分析してみると

ビットコインの暴落に伴ってこのリップルも同じ様に急落

200日移動平均線を下に割って20円まで下げてきた事が見て取れる

6月12日午前11時半、リップル(XRP)の価格は20.39円台で推移

現在は20円で下げ止まり反発を見せつつある状態となっている

 

 

リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開を分析してみると

短期線だけでなく中長期線が垂れ下がってくる事が意識されるので

基本的には下落目線の強い相場となる

若干の反発をみせる状態となっても下への意識からか

今後は20円を割って来る展開には警戒しておきたい

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略としては

下落相場が意識される展開から

20.8円付近までの反発上昇があった場合

そこから戻り売り戦略を検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)の日足チャート分析をしてみると

一目均衡表の上昇雲で上髭を付け200日移動平均線で反発された事で下落目線が強くなる相場となる

そして短期線でサポートされていた状態も大きく割ってくる展開となった

現在はこの20円のラインで反発しつつある状態も

ビットコイン次第ではこのリップルは20円を割って

19円そして18円のラインへと価格を下げてしまう可能性が高まるので警戒は必要

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】ビットコイン急落!100万円を割る展開!リップルも20円台まで下落」

と題しまして

  • ビットコイン急落!100万円を割る展開も反発し上昇
  • リップルも20円まで急落!その後は反発し上昇

 

 

また今回の記事を読んだことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインは200日移動平均線及び102万円付近で戻り売り戦略
  • リップルは20.8円付近まで反発上昇後戻り売り戦略

についてお伝えしてきました。

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

 

さらに登録に関する関連記事も下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

さらにこれまでに暗号資産に関しての記事

日々更新していますので参考になさって見て下さい!

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。