【仮想通貨】もう一段階下落か!今後もビットコインとリップルはショート目線!

BTC & XRP

こんにちは!よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

今回は仮想通貨投資の初心者に向けて簡単にそして分かりやすく

ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の今後の値動きについて分析していきますので

参考にしてみてください。

 

まずはじめに前回のビットコインとリップルのチャート分析記事はこちらになっていますので

参考程度で構いませんので合わせて読んで頂けると嬉しいです。

 

ではこの記事を書いている現時点では2019年12月4日水曜日になります。

コインマーケットをみて見ると

全体的に少し下げ始めてきた状態で1~3%程下落

今後はさらに下げていく可能性も高くなっています。

 

そんな訳で今回はビットコインとリップルの値動きについての分析をしていきたいと思います。

では早速ではありますがみていきましょう!

 

ビットコイン(BTC)の4時間足チャート分析

ビットバンク(bitbank)のビットコイン4時間足チャートを見てみると

現在は77万5000円あたりを推移しています。

先月末あたりに85万円をつける高値をつけたのちに長期の100日移動平均線に阻まれ

ズルズルと下落に転じました。

その後、日本円で80万円あたりの水平ライン上で揉み合い

長期の75日移動平均線に阻まれて下落してきた状態になっています。

そして短期の25日移動平均線が垂れ下がってきていることから

この移動平均線に沿った形でまた一段階、下げてきた状況になっています。

また今後はダブルボトムの形成の可能性が考えられ

一旦大きな下落がある場合は日本円で70万円の水平ラインまで下落していくことが考えられます。

ビットコインFXをする場合であればこのライン付近までショートを入れるのも良いと考えていますが

ただ投資には絶対はないので自己責任と自己判断のもとでおこなうようにして

利確と損切りラインはしっかりと設定していくことが大事になることを忘れないようにしましょう!

また損切りラインを設定するなら短期の25日移動平均線のあたりの80万円あたりに設定しておいた方が無難たど思います。

そしてダブルボトムがしっかりと完成されるかどうかが今後の値動きに大きな影響を与えそうなので

これから注意深く見ていく必要があります。

リップル(XRP)の4時間足チャート分析

ビットバンク(bitbank)のリップル4時間足チャートを見てみると

現在は23.09円あたりを推移しています。

リップルもビットコインと同じような値動きをしていて

75日移動平均線に頭打ちにあってズルズルと下落してきていて

短期の25日移動平均線の垂れ下がりに沿って価格がもう一段下げてきた感じです。

この状態だと上昇に転じていくことは考えられないので

ビットコインと同様にダブルボトムの可能性を視野に入れること

そして下落目線が高いことを考えてショートを入れるのが賢明かと判断します。

この場合の損切りラインは短期の25日移動平均線の24円あたりが無難であると考えます。

現物ならサポートラインとして機能している22.5円あたりに

一旦の余剰資金を入れて買い増しを行うのも手ではありますが

ただビットコインの急落があった場合にはリップルもこのサポートラインを下に抜ける可能性も

考えられるので慎重に行う必要があります。

 

仮想通貨の安全な保管には「Ledger Nano S」をおすすめします!

仮想通貨はとても大切な資産ではあるので

しっかりと保管しなくてはいけません!

そんな皆さんは仮想通貨を安全に保管できていますか?

この未成熟な仮想通貨市場においてはハッキングによって仮想通貨が流出するといったニュースは一向に減りません。

 

仮想通貨を取引所に置いたままにしておくリスクを考えると

自分自身の大切な資産である仮想通貨を独自に守る必要があるとさえ言えます。

 

ではどうするべきなのか?

 

仮想通貨の保管方法にはホットウォレットとコールドウォレットの2種類あり

この2種類の違いはインターネットに接続された状態がどうかになります。

ホットウォレットは常にインターネットに接続された状態であるためハッキングにあうリスクが高く

コールドウォレットはオフラインのためはるかに高いセキュリティにより仮想通貨の安全性を高めてくれます。

そんなコールドウォレットの中には

「ハードウォレット」と呼ばれる完全にインターネットから隔離されたウォレットがあります。

 

それがLedger Nano S 仮想通貨ハードウェアウォレットと呼ばれるものになります。

 

このLedger Nano Sはビットコイン、イーサリアム、リップルを始め数多くの仮想通貨に対応している

USBトークン型のハードウォレットになります。

 

このウォレットの特徴は堅牢なセキュリティで仮想通貨を守ってくれ すべてのコンピューターのUSB接続に可能になっています。

また有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせにより扱いやすく

仮想通貨の資産を確実に守ってくれます。

さらに秘密鍵をインターネットから完全に隔離し管理するとともに

PINコード設定で安全性を高めている点とその秘密鍵を暗号化し保管できる点が人気の秘密になっています。 

 

そんなLedger Nano Sの詳しい商品の説明に関しては

Ledger Nano S 公式サイト 日本正規代理店で詳しく見れますので参考になさってみてください。

 

そんな僕もリップルXRPのガチホ用として上記公式サイトより一つではありますが購入し保管しています!

取引所においておく仮想通貨はある程度頻繁にトレードをするための必要最低限の枚数にとどめ

残りはしっかりとこのLedger Nano Sに保管することをおすすめいたします(*`・ω・)ゞ  

おすすめの仮想通貨取引所「bitbank」

bitbank

僕がおすすめする仮想通貨取引所の一つとして

ビットバンク(bitbank)という取引所があります。

 

僕も現在、取引の際に主に使わせてもらっている日本国内の仮想通貨取引所であり

特にリップルXRPの取引量に関しては世界一になっています。

 

この詳しいビットバンクについてや登録方法などは下記の参考記事をご覧ください!

簡単に理解できる内容となっています。


参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】どんな取引所なのか?また登録から口座開設まで紹介!

参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】入金・出金方法を簡単に解説!

 

以上のことからビットバンクの登録がまだの方はこのビットバンク公式サイトから簡単に登録できますので参考してみてくださいね。

bitbank

最後に

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ 

 

今回の記事では2019年12月4日のビットコインとリップルのチャート分析

どちらもダブルボトムの形成が高まってきていて

しっかりと底を形成するまでFXなら

ショート目線が良い事を解説してきました。

また現物投資なら22.5円あたりで一旦の余剰資金で買い増しを行う

そんな感じで良いと思っています。

 

またこれまでの仮想通貨に関係する記事も多く書いていますので

参考程度で構いませんので読んで頂けると嬉しいです。

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事一覧

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。