【仮想通貨】ビットコインとリップルはレンジ相場を形成!今後はどうなる?戦略は?

BTC

 

こんにちは!よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

そして分かりやすくbitbankでチャート分析を行っていきたいと思います。

 

まず前回1月20日のビットコインとリップルのチャート分析記事は

こちらになっていますので参考になさってみてください!

 

では今回は「【仮想通貨】ビットコインとリップルはレンジ相場を形成!今後はどうなる?戦略は?」と題しまして

仮想通貨ビットコインとリップルは急落後はレンジ相場を形成していること

そして今後はどうなるのか、また今後の戦略も気になるところ

 

今回の記事を読むことでレンジ相場を形成しているが

チャート的に今後はそろそろどちらかに大きく動いて行きそうであり

その取るべき戦略が分かる様になっています。

 

また今回の急落にも少なからず影響を与えた

1月24日から7日間の間で始まる中国の旧正月こと春節

これを前にした中国投資家の現金化による利確や大口投資家による利確

今回の急落の要因となっていますが

引き続き価格がどちらかに大きく動いていく可能性はあるので注意は必要です!

 

では早速ではありますが見ていきましょう!

 

【仮想通貨】ビットコインはレンジ相場を形成!今後はどうなる?戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

先日の急落から一度は反発したが勢いが弱く

94万3000円の意識されているサポートラインで下髭で抜けてしまいました。

しかしローソク足の実体ベースではなんとかこのサポートラインで下げ止まっており

この価格帯でレンジを形成していることが見て取れます。

1月21日午前10時現在、ビットコインの価格は95万1000円あたりで推移していて

赤色の短期線でレジスタンスされているのとサポートラインである94万3000円のライン

そして上昇チャネルの下値切り上げライン上でレンジを形成しています。

今後はどうなっていくのかを予想してみるとそろそろどちらかに

大きく動いて行きそうな印象は受けます。

前回の記事でもお伝えしている様に価格が動いて行くとすれば

上昇して行く場合は短期の移動平均線を目指しそれを超えて行ければ

さらに上への意識が高まり99万円のラインを目指していく様になるでしょう!

というのは上昇チャネル内での推移であるのと一目均衡表の上昇雲に沿って

価格が切り上がっていく可能性があるからです。

また逆に下落する場合は94万3000円あたりのサポートラインと

下降チャネルの下値を切り上げたラインをローソク足の実体ベースで

本格的に割る様ならまずは93万円の水平ラインに到達

その後は最大で91万5000円のラインまでの下落を考慮しておく必要があると言えます。

ですので戦略としては赤色の短期線である97万円を超えていければ99万円あたりまでロング

94万3000円のサポートラインを実体ベースで割れば93万円あたりまでショートを検討し

最大で91万5000円あたりまでをショートのポジションを持つといった戦略を検討してみたいと思います。

ただトレードをする際はきちんとリスクリワード比率を考えて

損切りラインもしっかりと設定しトレードを行う様にしましょう!

また投資には絶対はないので最終的には自己判断と自己責任でトレードを行う様に周知しておきましょう!

 



【仮想通貨】リップルはレンジ相場を形成!今後はどうなる?戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ビットコインと同様に急落から一度は反発し上昇するも

赤色の短期線でレジスタンスされ最大で24.6円あたりまで下落

その後は上昇チャネルの下値切り上げラインを下抜けたあたりで反発し上昇したが

再度短期線でレジスタンスされた状態でレンジを形成している状況です。

1月21日午前10時現在、リップルの価格は25.53円あたりで推移しています。

今後はどうなっていくのかを予想してみると上昇していくのであればレジスタンスされている

赤色の短期線を超えることが前提であるのと

下落を予想する場合は再度25.1円のラインと上昇チャネルの下値ラインを割って

三尊の様な形から中期の黄色の75日移動平均線のあたりで24.5円のラインまで下落はしていくと思います。

ですので戦略としては25.8円、または26円あたりにある短期線をしっかりと越えることができたら

27円あたりまでロングポジションを検討してみるのと

逆に値幅は小さいですが25.1円のラインを割ったら24.5円あたりまで

ショートで小さく拾っていくことを検討してみたいと思います。

ただ現状は上昇チャネル内での推移であるのと一目均衡表の上昇雲に沿った価格の推移から

短期線を越えて行くことの方を期待したいですが

投資には絶対はないので午後以降も注意して見ていく必要があるかと思います。

 



仮想通貨の安全な保管には「Ledger Nano S」がおすすめ!

ところで皆さんは仮想通貨を安全に保管できていますか?

 

仮想通貨はとても大切な資産であるので取引所に置いたままにしないで

独自に保管することがとても大切になってきます。

そこで仮想通貨の保管方法でとても人気があり注目を集めているものがあります。

 

それがLedger Nano S 仮想通貨ハードウェアウォレットと呼ばれるものになります

 

このLedger Nano Sについての詳しい記事は下記にまとめていますので

是非とも参考になさって見て下さい!

参考記事⇒Ledger Nano Sとは?おすすめする理由は?どこで買うのが一番良いかを紹介

 

このLedger Nano Sでしっかりと仮想通貨を保管し安心して仮想通貨取引を行っていきたいですね。

 



まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は「【仮想通貨】ビットコインとリップルはレンジ相場を形成!今後はどうなる?戦略は?」と題しまして

仮想通貨ビットコインとリップルがレンジ相場を形成しいて

今後はどちらかに大きく動きそうであること

そして今後の戦略についてもお伝えしました。

 

中国の春節絡みの影響や大口投資家の利確などで価格が動きはじめている現状ではありますが

再度どちらかにそろそろ大きく動いて行く可能性は高いので

トレードする際は十分に注意しつつ

投資には絶対はないので自己判断と自己責任で行う様にしていきましょう!

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事を日々更新していますので参考になさって見て下さい!

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事一覧

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。