【仮想通貨】ビットコインとリップル反発を見せるも下落目線か!今後の展開と戦略は?

BTC & XRP

 

よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて本日の全体的な経済市況なのですが

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から

不安定な値動きで乱高下が激しい状況であり

ダウが大暴落し一時約3000ドルの過去最大の下げ幅を記録

日経平均株価は一時1万7000円割れはしたものの

現在は買い戻しの展開から1万7000円台まで戻してきている

また仮想通貨に関しては前日の同じ時間帯に比べ全体的に下落している状態

 

ビットコインは2%、イーサリアム6%、リップルは4%以上下落

ただこの時間においては日経平均株価との相関性からか

仮想通貨も全体的に若干の反発を見せている状況となっている

この様に仮想通貨ビットコインなどは若干の反発を見せつつあり

このまま上昇していけるのか

またはやはり下落目線の方が強いのかを含め

今後の展開と戦略が気になるところ

 

そんな訳で

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

分かりやすく僕なりの見解で

ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の

チャート分析を行っていきたいと思います!

 

まずは前回3月16日のビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

 

 

では今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル反発を見せるも下落目線か!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインとリップルは反発も見せるもレンジ内で推移
  • レンジ相場から動き出すとすればやはり下落目線が濃厚

 

 

また今回の記事を読むことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインは短期線にレジスタンスされたらショート
  • リップルは静観しつつ13円台まで下落後ダブルボトムからの反発を期待

についての内容となっています。

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【仮想通貨】ビットコインとリップル反発を見せるも下落目線か!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

MACDのゴールデンクロスから上昇するも

短期線にレジスタンスされる形で三角保ち合いの中でレンジを組んでいる状態

3月17日午前11時半現在、ビットコインの価格は56万3000円台で推移

今後の展開を分析してみると

短期線にレジスタンスされ続けていることから下落目線の方が強く

今後はこの三角保ち合いのレンジ相場を下方ブレイクしていく可能性が高い

その場合にはやはり意識される価格としては46万円台の直近最安値であり

ここまで下落してくることを常に注視すべきだといえます

また46万円台まで下落した場合にはダブルボトムを意識する展開となり

ここからの反発上昇といったシナリオにも期待したい

逆に短期線を越えて三角保ち合いを上方ブレイクしていく場合は

65万円の価格まで上昇する場合もありますが

現状の経済の不安定を鑑みるとその可能性は低い

今後の戦略を分析してみると

短期線まで上昇後に反発されたらショートをとって

短期的に利益を拾っていくのを戦略としては検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。



【仮想通貨】リップル反発を見せるも下落目線か!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ビットコインと同様にMACDのゴールデンクロスから反発し上昇を見せるも

短期線にレジスタンスされる形で三角保ち合いの中をレンジを組んでいる状態

3月17日午前11時半現在、リップルの価格は15.68円台で推移

この三角保ち合いをどちらに大きくブレイクしていくのか気になる状況が続いている

今後の展開を分析してみると

短期線にレジスタンスされ続けていることからも

引き続き下落目線の方が強い状態は変わりは無く

下落する際はやはり13円台のラインまでは注視してみていくべきと言える

その後はダブルボトムを形成し反発上昇といった展開には期待はしたい

逆にレジスタンスされている短期線を越えて

三角保ち合いを上方ブレイクした際は17円台を目指してくる展開になるでしょう

ただ現状を踏まえるとその可能性は低く厳しいと言えます。

今後の戦略を分析してみると

短期線にレジスタンスされればショートを検討してみる戦略を考慮にいれつつも

アルトコインのトレードは少し厳しいと言えるので

引き続き静観はしていく方が賢明と判断します。

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル反発を見せるも下落目線か!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインとリップルは反発を見せるもレンジ内で推移
  • レンジ相場から動き出すとすればやはり下落目線が濃厚

 

 

また今回の記事を読んだことで

参考にしたい今後の展開や戦略として

  • ビットコインは短期線にレジスタンスされたらショート
  • リップルは静観しつつ13円台まで下落後ダブルボトムからの反発を期待

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います。

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事

日々更新していますので参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。