【仮想通貨】ビットコインとリップル急落からの反発なるか!今後の展開と戦略は?

BTC & XRP

 

こんにちは!

よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて仮想通貨ビットコインとリップルが急落してしまいました。

そしてここからの反発し上昇していけるのか今後の展開と戦略が気になるところ!

 

この事を含めて今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

そして分かりやすくbitbankでチャート分析を行っていきたいと思います!

 

まずは前回の2月10日のビットコインとリップルのチャート分析記事は

こちらになっていますので参考になさってみて下さい!

 

 

では今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル急落からの反発なるか!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは急落からの反発なるのか
  • リップルはネックラインまで急落後しっかりと反発できるか

についてお伝えしていきたいと思います!

 

また今回の記事を読むことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインは106万円ラインで反発できればロング、割れば104万円までショート
  • リップルは29.5円あたりのネックラインで反発できればロングを検討

についての内容となっています。

是非とも最後まで読んで頂き参考になさってみて下さい!

 

では早速ではありますが見ていきたいと思います!




【仮想通貨】ビットコイン急落からの反発なるか!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

112万あたりまで上昇後、このラインでレジスタンスされて

上昇ウェッジの高値ラインを下抜け一気に急落

107万円台を付けたあとに若干の反発をみせるも

赤色の短期線である25日移動平均線でレジスタンスされた状態になっています。

2月11日午前10時半現在、ビットコインの価格は107万3000円で推移しており

昨日お伝えしていた112万円を目指していくシナリオの中で

買われすぎが続いている現状は調整による下落を考慮しなければいけない

と言っていた流れになり112万円のラインに見事にレジスタンスされた展開になってしまいました。

今後の展開を予想し分析してみると

赤色の短期線でレジスタンスされていることから

下への意識が少しずつ出てきた様に感じ取れます。

この場合、まず意識されるポイントとなるラインは106万円のラインであり

まずはここでしっかりとサポートされ反発できるか注目していきたいです。

さらにここを割ってくるような強い下落があった場合に

とても意識されるラインは104万円のレジサポラインであり

黄色の75日移動平均線がある場所でもあるので

ここでしっかりと反発できなければ今後の状況は一変してくると言えますし

そうなると三尊の様な形も意識されてくるので注意は必要です。

逆に上昇する可能性としては赤色の短期線を突破できれば

再度意識されている110万円あたりのラインを目指す展開になり

直近最高値ラインの112万円も視野に入ってくるでしょう!

112万円付近まで上昇すると今度はダブルトップを意識する展開にもなってくるので

注視してみていく必要が出てくるとも言えます。

今後の戦略としては106万円のラインでしっかりとサポートされた場合

押し目で拾う形として110万円から112万円までロング

逆に106万円のラインを割る場合は104万円のラインあたりまでショートを検討したい。

ただ投資には絶対はないので最終的には自己判断と自己責任で行うことが大切であり

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う様にしましょう!



【仮想通貨】リップル急落からの反発なるか!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

強気相場をなんとか維持していたリップルでしたが上昇トレンドラインを割って急落

その後も赤色の短期線にレジスタンスされた状態になり

現状は意識されている30円のライン割ってしまった状況になっています。

2月11日午前10時半現在、リップルの価格は29.66円で推移しており

ダブルトップが意識されたような展開となってきています。

今後の展開を予想し分析してみると

ダブルトップのネックラインである29.5円あたりのラインまで下落後

ここのラインで反発し上昇していけるかがとても大事になってきます。

ここでしっかりと反発できれば一目均衡表の上昇雲に沿って価格は上向いてきますし

赤色の短期線のラインであり30円台を目指す展開にはなってくるでしょう!

しかしダブルトップのネックラインである29.5円を割ってしまう場合には

29円のライン、そして28.5円あたりの黄色の75日移動平均線のラインまで

今後は下落してくる場合があるので注意は必要になってきます。

今後の戦略としてはネックライン付近の29円から29.5円でしっかりと反発できる場合は

赤色の短期線から直近最高値付近の31.5円あたりまでロング

ネックラインを実体ベースで割る場合は28.5円あたりまでショート

細かく戦略を練って利益を拾ってみることも検討してみたい。



まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル急落からの反発なるか!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは急落からの反発し上昇していけるのか
  • リップルもネックラインまで下落後反発上昇なるか

についてお伝えしてきました!

 

また今回の記事を読んだことで

参考にしたい今後の展開や戦略として

  • ビットコインは106万で反発できれば108万円までロング、ここを割れば104万円までショート
  • リップルもネックラインで反発できればロング

を検討し参考にして頂けたらと思います!

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事を日々更新していますので参考になさって見て下さい!

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。