【暗号資産】ビットコイン反発上昇後は102万円台を越えられず下落か!リップルも失速し下落

BTC & XRP
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてビットコイン(BTC)とリップル(XRP)なのですが

先日に大きな下落から価格を下げた後

ダウとの連動から大幅に上昇

その後は意識されている102万8000円を越える事ができなかった

またリップルも20円を割った後は反発し上昇

しかしその後は失速し下落に転じてきている

 

この事から今後の展開と戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコイン反発上昇後は102万円台を越えられず下落か!リップルも失速し下落」

と題しまして

記事の内容

・ビットコインは102万8000円を越えられず下落

・リップルも失速し下落

 

今後の展開と戦略

・ダブルボトム成立なら押し目買い戦略

・不成立ならレンジか下落の為に静観

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回6月15日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

【暗号資産】ビットコイン下落からのダブルボトム形成か!リップルも上値が重く下落目線!

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記より登録が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコイン反発上昇後は102万円台を越えられず下落か!

ビットコイン(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャート分析

青色のレジサポラインを割って大きく下落した後は

黄色平行チャネルの下限で下髭を付けて反発

ダウとの連動から大幅に上昇した後は

102万8000円のラインを越える事が出来ずに下落

6月17日午前11時半現在、ビットコイン(BTC)の価格は101万3000円台で推移

現在は短期線でサポートされている状態となっている

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・ネックラインの102万8000円越えれば上昇トレンド

・越えなければレンジからの下落

 

ネックラインである102万8000円のラインを越える事ができれば

上昇トレンドへと移行できそうだ

しかし越える事ができなければこのままレンジを組んでいくか

又は下落が進む可能性が高いと言える

逆に短期線でしっかりとサポート出来れば

ここからの反発上昇に期待できる展開となる

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・ダブルボトム成立なら押し目買い戦略

・不成立なら静観

 

ネックラインである102万8000円を越える事ができれば

ダブルボトムが成立し大きく上昇するので

押し目買い戦略を検討していきたいが

不成立の場合には静観していく事が良いでしょう

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・上昇トレンド継続

・ロング推奨

 

基本的には安値を切り上げた青のアセトラの中での推移であるので

日足ベースでは上昇トレンド継続であると判断できる

その為、青色のレジサポラインを再度割ったとしても

黄色の平行チャネルの下限を割らなければロングを推奨していきたい

 



【暗号資産】リップル(XRP)も21円を越えられず失速し下落

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

20円を割る下落から反発した後は短期線を越える上昇となった

しかし21円のラインを越える事が出来ずに失速

6月17日午前11時半現在、リップル(XRP)の価格は20.53円台で推移

現在はビットコイン同様に短期線でサポートされている状態となっている

 

 

リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・ネックラインの21円を越えれば上昇トレンド

・越えなければレンジからの下落

 

ビットコイン同様にネックラインである

21円のラインを越える事ができれば

上昇トレンドへと移行できそうだ

しかし越える事ができなければこのままレンジを組んでいくか

又は下落が進む可能性が高いと言わざる終えない展開となっている

つまり短期線でしっかりとサポート出来てここからの反発に期待はしたい

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・ダブルボトム成立なら押し目買い戦略

・不成立なら静観

 

こちらもビットコイン同様に

ネックラインである21円あたりのラインを越える上昇となれば

ダブルボトム成立からの上昇が期待できるので

押し目買いの戦略を検討していきたい

ただ不成立な場合はレンジから更なる下落へと繋がる為に

一旦は静観していくのが賢明かと言える

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・20円のサポートラインは死守

・高値切り下げ安値一定のディセトラを継続中

 

20円のサポートラインを髭ベースで割る展開となったが

実体では割る事なくすぐに20円台に復帰

この20円のサポートラインはなんとか死守した形となった

ただ引き続き高値切り下げの安値一定からディセトラを継続しているので

引き続き重要な局面である事は間違いないと言える

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】ビットコイン反発上昇後は102万円台を越えられず下落か!リップルも失速し下落」

と題しまして

記事の内容

・ビットコイン下落!ダブルボトムを形成か

・リップルも上値が重く下落目線か

 

今後の展開と戦略

・ダブルボトム成立なら押し目買い戦略

・不成立ならレンジか下落の為に静観

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

昨日6月16日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

【暗号資産】モナコイン(MONA)は173円まで下落!その後反発するも下落目線か

 

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

さらに登録に関する関連記事も下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC & XRP (ビットコイン&リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。