【仮想通貨】ビットコインとリップルは短期線で反発し大幅下落!今後の展開と戦略は?

BTC & XRP

 

よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて本日の全体的な値動きなのですが

NYダウの終値は新型コロナウイルスの感染拡大で景気悪化への懸念から

445ドル安い2万3504ドルとなっている

Yahoo!ニュース
NYダウ終値、445ドル安の2万3504ドル…小売り売上高の最大落ち込み受け(...
https://news.yahoo.co.jp/articles/1566884175c5c7e8610695b6a6b8184e953cb38a
 【ニューヨーク=小林泰明】15日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比445・41ドル安の2万3504・35ドルだった。新型コロナウイルスの感染拡大で、景気悪化への懸念が広

 

 

また日経平均株価の午前の終値

NYダウが下落した事をうけて東京市場も売り注文

前営業日比234円安い1万9315円となっている

Yahoo!ニュース
日経平均1万9315円45銭 午前終値(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200416-00000186-nnn-pol
16日の日経平均株価・午前終値は、前営業日比234円64銭安の1万9315円45銭だった。 - Yahoo!ニュース(日本テレビ系(NNN))

 

そして仮想通貨市場においては

レンジを形成後は主要通貨は全体的に大きく価格を下げる形となっている

コインマーケットで詳しくみて見ると

ビットコインは-3.4%、イーサリアムは-3.3%、リップルは-3.7%下落

 

ビットコインやリップルは短期線に反発されて大きく下落してきた状態であり

この事からもこれからはどうなっていくのか

今後の展開と戦略が気になるところ

 

そんな訳で

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

分かりやすく僕なりの見解で

ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の

チャート分析を行っていきたいと思います

 

まずは前回4月15日のビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

 

では今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップルは短期線で反発し大幅下落!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインとリップルは短期線で反発された
  • 短期線で反発された後は大きく下落に転じてきたこと

 

 

また今回の記事を読むことで今後の展開や戦略として

  • 反発し上昇後も短期線でレジスタンスされたら戻り売り戦略
  • 下落が加速すれば200日移動平均線を実体ベースで割って来る可能性が高い事

についての内容となっています。

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【仮想通貨】ビットコインは短期線で反発し大幅下落!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

三尊が意識された状態で下降チャネル内でレンジを組んだ状態で推移後

短期線に反発されて大幅に下落に転じてきた事が見て取れる

4月16日午前11時現在、ビットコインの価格は71万8000円台

下降チャネルの下値ラインである70万円まで下落した後は

200日移動平均線で下髭をつけてサポートされ反発上昇してきた状況

今後の展開を分析してみると

一旦は反発した状況で上昇に転じてきたものの

引き続き短期線でレジスタンスされるのと下降チャネル内での推移となるため

下落目線が濃厚な展開となるでしょう

また短期線と100日移動平均線とでデッドクロスの形成

MACDでも同じくデッドクロスが形成されたので

今後も下への意識が高くなっていく展開となる

そして200日移動平均線を実体ベースで割って来る場合は

66万円のサポートラインまでの下落となるので警戒は必要になるでしょう

今後の戦略を分析してみると

これからは短期線が更に下へと垂れ下がってくる事から

短期線まで上昇してきたとしても再度レジスタンスされた状態になり下落に転じてくるので

上昇後短期線で反発されたら戻り売りを検討していく戦略を引き続き取っていきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



【仮想通貨】リップルも短期線で反発し大幅下落!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ビットコインと同様な値動きで下降チャネルの中で推移後

レンジを組んだ状態から短期線に反発された状態で大幅に下落

4月16日午前11時現在、リップルの価格は19.36円台で推移

下降チャネルの下値ライン及び200日移動平均線まで下落後は

下髭を付けて下げ止まった状態が見て取れる

今後の展開を分析してみると

短期線と100日移動平均線とでデッドクロスの形成となれば

ビットコイン同様に下落目線が強まって来る事が予想できる

またMACDでもデッドクロスとなっているので下への意識が高い

また200日移動平均線を実体ベースで割って来る場合

18円のサポートラインまで下落してしまうので警戒は必要となるでしょう

今後の戦略を分析してみると

下降チャネルの下値及び200日移動平均線で反発されて一旦の上昇が期待は出来るが

短期線や20円のラインで反発される可能性が高いので

短期線で反発されたら戻り売り戦略を引き続きとっていく事を検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル」

と題しまして

  • ビットコインとリップルは短期線で反発された
  • 短期線で反発された後は大きく下落に転じてきたこと

 

 

また今回の記事を読んだことで今後の展開や戦略として

  • 反発し上昇後も短期線でレジスタンスされたら戻り売り戦略
  • 下落が加速すれば200日移動平均線を実体ベースで割って来る可能性が高い事

についてお伝えしてきました。

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います。

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事

日々更新していますので参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。