【仮想通貨】ビットコインとリップル短期線にレジスタンスされ下落!今後の展開と戦略は?

BTC & XRP

 

よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて本日の全体的な経済市況なのですが

ダウが2008年以来となる弱気相場に入り

新型コロナウイルスの世界的な拡大から

WHOのパンデミックに相当する発言

さらに経済にも大きな影響が出始め

売り注文が殺到したことから

日経平均株価が一時1000円超下げる展開

またその影響は仮想通貨市場にも例外ではなく

ビットコインや主要通貨など大きく下げている状況

詳しくみて見るとビットコインは2%弱

イーサリアムは7%超、リップルは3%超ほど下落している

そしてビットコインやリップルは

4時間足短期線でレジスタンスされる形で下落

ここから上昇していくにはまだまだ厳しい状況

この事から今後の展開や戦略が気になるところ

 

そんな訳で

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

分かりやすく僕なりの見解で

ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の

チャート分析を行っていきたいと思います!

 

まずは前回3月11日のビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

 

では今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル短期線にレジスタンスされ下落!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは4時間足短期線でレジスタンスされ大きく下落
  • リップルもビットコイン同様に短期線でレジスタンスされ大きく下落

 

 

また今回の記事を読むことで今後の展開や戦略として

  • ビットコインはダブルボトム形成なら上昇の可能性はあるが静観も必要
  • リップルも同様に一旦は上昇の可能性もあるが静観も必要

についての内容となっています。

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【仮想通貨】ビットコインは短期線にレジスタンスされ下落!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

紫色のトレンドライン上を推移し下値を切り上げつつある展開であったが

84万円台の意識されているライン及び短期線でしっかりとレジスタンスされ

80万円付近まで大きく下げ始めている状況が見て取れる

3月12日午前11時半現在、ビットコインの価格は80万5000円で推移

この80万円のラインでの攻防が続いている

今後の展開を予想してみると

78万円から79万円まで下げた後はダブルボトムが形成される展開になるので

このラインまでは一旦は下落した後は

80万円のラインあたりからしっかりと反発上昇していく可能性は高い

また明日の金曜日には一目均衡表の雲のねじれがあり

下降雲を上抜けて上昇して行く展開にも期待したい

ただ日足などの長期的な目線で言えば

下落目線が継続している状態であり

MACDでは引き続き下への意識が強く

しっかりと底を打つまでは買いの局面ではないと判断できるので注視は必要な状況

 

今後の戦略を分析してみると

4時間足でダブルボトムが形成される展開から

今後は短期的には上昇していく可能性がありますが

新型コロナ関連でチャート以外の部分では不透明であり

引き続き重要な局面が続きそうな状況から様子をみていく戦略を検討したい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



【仮想通貨】リップルも短期線にレジスタンスされ下落!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ビットコイン同様に短期的な紫色のトレンドラインにサポートされる形で推移していたが

短期線にレジスタンスされる形で大きく下落し始めた状況が見て取れる

3月12日午前11時半現在、リップルの価格は21.05円台で推移

21円台でのライン上の攻防が続いている状況

今後の展開を分析してみると

チャートの形としてはビットコインと似ている状態であり

20円台まで下落しダブルボトムを形成する様な動きになり

ここでしっかりとダブルボトムが形成されれば

一旦の上昇の可能性は出てくる展開とは言える

また明日の金曜日には一目均衡表の雲のねじれがあり

その薄い下降雲を上抜けて上昇していく可能性があるため

これからの上昇に期待はしたいところ

ただ日足などの長期目線で言えば

MACDを判断してみても底を打った状態と判断するにはまだ早く

引き続き下落目線の方が強い展開から注意は必要ではあるでしょう

 

今後の戦略を分析してみると

4時間足でしっかりとダブルボトムが形成されれば

一旦の上昇が見込める一方で

日足レベルではチャート以外の状況次第で

まだ下への意識が解消とはいかないため

引き続き重要な局面が続きそうな状況から様子をみていく戦略を検討したい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップル短期線にレジスタンスされ下落!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは4時間足短期線でレジスタンスされ大きく下落
  • リップルもビットコイン同様に短期線でレジスタンスされ大きく下落

 

 

また今回の記事を読んだことで

参考にしたい今後の展開や戦略として

  • ビットコインはダブルボトム形成なら上昇の可能性はあるが静観も必要
  • リップルも同様に一旦は上昇の可能性はあるが静観も必要

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います。

 

また本日3月12日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも合わせて参考になさってみて下さい!

 

 

さらにこれまでの仮想通貨に関しての記事

日々更新していますので参考になさって見て下さい!

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。