【暗号資産】ビットコイン逆三尊からの上昇か!リップルはディセトラから下落に注意

BTC & XRP
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてビットコイン(BTC)なのですが

ダブルボトムからの上昇後は102万8000円のラインでレジスタンスされ

その後はレンジを組んだ状態から100万円を割る下落となった

そして反発し戻す形となっている

 

一方のリップル(XRP)はビットコインと違った動きから単独で上昇

一時は21.3円台まで上昇するも勢いが続かず下落

 

この事から今後の展開と戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「【暗号資産】ビットコイン逆三尊からの上昇か!リップルはディセトラから下落に注意

と題しまして

記事の内容

・ビットコイン逆三尊からの上昇か

・リップルはディセトラからの下落には注意

 

今後の展開と戦略

・ビットコインは逆三尊成立でアセトラ上抜けまで静観

・100万円を割った場合は戻り売り戦略

・リップルもディセトラ下方ブレイクなら戻り売りを狙う

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回6月17日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

【暗号資産】ビットコイン反発上昇後は102万円台を越えられず下落か!リップルも失速し下落

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記より登録が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】ビットコイン(BTC)は逆三尊からの上昇か!

ビットコイン(bitbank)の暗号資産ビットコイン(BTC)4時間足チャート分析

ダブルボトムからの上昇後はネックラインである

102万8000円のラインを越えることが出来ずに下落

徐々に高値を切り下げた状態から短期線を割ってしまった

6月19日午前10時半現在、ビットコイン(BTC)の価格は100万1000円台で推移し

100万円のラインでの攻防となっている

 

 

ビットコイン(BTC)の今後の展開

ビットコイン(BTC)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・逆三尊成立なら107万~110万円まで上昇

・100万円を割ると暴落

 

現在は逆三尊が意識される展開となっていて

ネックラインの102万8000円のラインを越える上昇となれば

107万~110万円あたりまでの上昇が期待できる

しかし中長期線が下向きであり今後100万円を割ってくる展開となれば

黄色の平行チャネルの下限である97万~98万円までの下落となり

このチャネルラインをも割ってしまうと暴落してしまうので警戒はしたい

また今日の深夜にはFRBのパウエル議長の会見が予定されており

その内容次第では為替や株価が大きく動いた場合には

このビットコインもどちらかに動く可能性はあるので注視はしていきたい

 



ビットコイン(BTC)の今後の戦略

ビットコイン(BTC)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・アセトラ上抜けまで静観

・100万を割って暴落した場合は戻り売り戦略

 

逆三尊が成立して107万円あたりまで上昇した場合

アセトラを上抜ける展開から更なる上昇が見込めるので

この107万円のラインまでは静観はしておきたい

逆に高値を切り下げて下落への意識もある事から

100万円を割って暴落した場合には戻り売り戦略を検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

ビットコイン(BTC)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・逆三尊成立ならアセトラ上抜け

・102万8000円のネックラインが重要

 

引き続き黄色の平行チャネルの中を推移

髭ベースで青色のレジサポラインを割り

実体でもここを割ってきそうな状態となっている

また青色の三角持ち合いの中で高値が一定

そして安値を切り上げたアセトラを形成中

ただその下限である100万円付近での攻防で

短期線に抑えこまれ高値を切り下げた状態となっている

この102万8000円のネックラインを上向けた場合は

107万円から110万円までの上昇となる

しかし100万円を割ってしまうと

一目均衡表の上昇雲突入のためか

平行チャネルの下限を割って中期線までの暴落へと繋がるので警戒は必要

 



【暗号資産】リップル(XRP)はディセトラから下落に注意

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

一時ビットコインとは違って単独での値動きから大きく上昇

21.3円台まで上昇した後は上髭の長いピンバーの状態から

中期線で反発され下落に転じてきた

6月19日午前10時半現在、リップル(XRP)の価格は20.27円台

ディセトラの中で下降雲の下限に沿った形で推移しており

高値を切り下げつつある事からここからの下落には注意は必要となっている

 

 

リップル(XRP)の今後の展開

リップル(XRP)の今後の展開

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・21円のネックラインを越えて逆三尊成立か

・ディセトラを下方ブレイクし下落の可能性

 

逆三尊の様な形から21円のネックラインを越える上昇となれば

22.5円付近までの上昇は期待はできる展開

しかしディセトラを形成しているリップルにとっては

ここを下方ブレイクしていく方が高いと言える

現状は短期線に阻まれているだけではく

中長期線までも下向きとなっているので

ディセトラを下方ブレイクし大きな下落には警戒はしておきたい

また今後は短期線をしっかりと実体で越える事が出来るかが重要となっている

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・21円のネックライン上抜けまでは静観

・ディセトラを下方ブレイクなら戻り売り戦略

 

21円のネックラインを越えて逆三尊成立からの上昇に期待はしたいが

直近では高値を切り下げつつディセトラの中での推移である事からその可能性は低い

寧ろディセトラを下方ブレイクする可能性の方が高い事から

基本は短期線タッチの戻り売りの戦略を検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 

 

リップル(XRP)日足チャート分析

リップル(XRP)日足チャート分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線と中期線と間でデッドクロス

・ディセトラ下方ブレイクなら19円が視野に

 

日足では短期線と中期線との間でデッドクロスが形成されつつあるので

今後はますます下落していく可能性が高い

まだディセトラを形成している事から下方ブレイクからの暴落には警戒は必要

その場合は19円や18円のラインは意識しておいた方が良さそうだ

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】ビットコイン逆三尊からの上昇か!リップルはディセトラから下落に注意」

と題しまして

記事の内容

・ビットコイン逆三尊からの上昇か

・リップルはディセトラからの下落には注意

 

今後の展開と戦略

・ビットコイン逆三尊成立でアセトラ上抜けまで静観

・100万円を割った場合は戻り売り戦略

・リップルもディセトラ下方ブレイクなら戻り売りを狙う

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

本日6月19日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

【暗号資産】モナコイン(MONA)上昇後は全戻し!190円台を越えられず下落目線

 

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

さらに登録に関する関連記事も下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC & XRP (ビットコイン&リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。