【仮想通貨】ビットコインは上昇後に全戻し!リップルは沈黙継続中!今後はどうなる?

BTC & XRP

こんにちは!よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて簡単にそして分かりやすくbitbankにてチャート分析を行っていきたいと思います。

まずは前回12月26日のチャート分析記事は

こちらになっていますので参考になさってみてください!

 

では今回は「仮想通貨ビットコインは上昇後に全戻し!リップルは沈黙継続中!今後はどうなる?」と題しまして

仮想通貨ビットコインがショートカバーが発動し上昇したがすぐに全戻しの状態になったこと

リップルに関して引き続き沈黙を保っていることを含め

今後がどうなるのか気になってきますよね?

 

そこで今回の記事を読むことで今後はどうなっていくのかのおおよその展開がわかる様にはなっていますので参考にして見てください!

 

では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 

【仮想通貨】ビットコインは上昇後に全戻し!今後はどうなる?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると今日の夜中1時頃にショートカバーが発動して少し大きく動き上昇はしました。

しかし直近高値の81万2000円のラインを越えられずに上髭をつけて全戻しのような状態で頭打ちにあいました。

12月27日午前10時現在、ビットコインは78万7000円あたりで推移していて全戻しされた後にこの78万6000円あたりのサポートされているラインで踏みとどまっていて方法性を伺っている状態です。

結果的には思ったより上昇の幅は少なく前日お伝えしていた際は84万円~85万円あたりのラインまでの予想でしたが

そこまでの上昇には至らず、だいたい3万円幅の上昇になってしまいました。

少しではありますがロングを入れていた人は利益を得る事はできたかと思いますが少し期待外れといったところでしょうか。

しかし今後どうなるかと言えばまだ今の段階ではこの78万6000円台のラインでしっかりとサポートはされているのと

目の前には一目均衡表の上昇雲に突入するので上への意識はまだある様には感じます。

しかし午後以降にこのサポートラインを割って緑色のトレンドライン、そして100日移動平均線をも割る場合

チャートパターン的にはダブルトップという形になってしまうので

価格にして77万円を下回っていよいよ下落目線が強まってきます。

そうなれば最悪、再度71万円の水平ラインまで戻されてしまう展開も注視していく必要があると言えます。



【仮想通貨】リップルは沈黙継続中!今後はどうなる?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみるとリップルは相変わらずの大きな値動きなく地味にレンジを形成していて沈黙を継続中でいます。

12月27日午前10現在、リップルの価格は20.70円台で推移していて短期線の25日移動平均線でしっかりとレジスタンスされている状態です。

今後どうなるかと言えば、リップルに関しては大きく上昇していく気配すら感じられないということです。

というのは数日前からお伝えしていますが、短期、中期、長期の移動平均線は見事なまでに下に垂れ下がってきており

また短期線の25日移動平均線でしっかりとレジスタンスされ続けていること

さらに前方の一目均衡表の下限値であり21円でレジスタンスされていることなどを含めると

数日はこの状態が続いていく様に感じています。

ただ大晦日前日に雲の転換点があるのでここで上抜けて上昇していくことを期待したいところですがどうなることやら。

 



仮想通貨の安全な保管には「Ledger Nano S」がおすすめ!




仮想通貨はとても大切な資産ではあるのでしっかりと保管しなくてはいけません!

そんな皆さんは仮想通貨を安全に保管できていますか?

まだまだ未成熟なこの仮想通貨市場においてハッキングによって

仮想通貨が流出してしまうといったニュースは一向に減りません。

仮想通貨を取引所に置いたままにしておくリスクを考えると

自分自身の大切な資産である仮想通貨を独自に守る必要があるとさえ言えます。

 

ではどうする事が一番良いかわかりますか?

 

それは独自に仮想通貨を保管するという事に尽きるかと思います!

 

仮想通貨の保管方法にはホットウォレットと呼ばれる方法と

コールドウォレットと呼ばれる方法の2種類の保管方法があります。

この2種類の保管方法の違いにはインターネットに接続された状態かどうかになります。

ホットウォレットは常にインターネットに接続された状態であるためハッキングにあうリスクが高く

コールドウォレットはオフラインのためにはるかに高いセキュリティにより仮想通貨の安全性を高めてくれます。

そんなコールドウォレットの中には「ハードウォレット」と呼ばれる

完全にインターネットから隔離されたウォレットがあります。

 

それがLedger Nano S 仮想通貨ハードウェアウォレットと呼ばれるものになります。

 

このLedger Nano Sはビットコイン、イーサリアム、リップルをはじめ数多くの仮想通貨に対応しているUSB型のハードウォレットになります。

このウォレットの特徴は堅牢なセキュリティで仮想通貨を守ってくれ、全てのコンピューターのUSB接続が可能になっています。

また有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせにより扱いやすく仮想通貨の資産を確実に守ってくれます。

さらに秘密鍵をインターネットから完全に隔離し管理するとともにPINコード設定で安全性も高めてくれている点

その秘密鍵を暗号化して保管できる点が人気の秘密になっています。

そんなLedger Nano Sの詳しい商品の説明に関しては

Ledger Nano S 公式サイト 日本正規代理店で詳しく見れますので参考になさってみてください。



そんな僕もリップルXRPのガチホ用として上記の公式サイトより一つではありますが購入し保管しています。

取引所に置いておく仮想通貨はある程度頻繁にトレードするための必要最低限の枚数にとどめ

残りはしっかりとこのLedger Nano Sに保管することをおすすめいたします!



まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は「仮想通貨ビットコインは上昇後に全戻し!リップルは沈黙継続中!今後はどうなる?」と題しまして

仮想通貨ビットコインがショートカバー発動で上昇はしましたがすぐに全戻しの状態にあい現在は方向性を伺っている状態であるのと

リップルに関しては沈黙を継続中であることを含めて今後はどうなるのかについてお伝えしてきました。

 

ビットコインはここから大きく上昇していく可能性はまだゼロではないので

午後以降の値動きについては注意深くみていく必要があると言えます。

リップルに関しては年末ぎりぎりまで大きく動くことはないと思えるので

引き続き静観で良いでしょう!

 

ただ投資には絶対はないので最終的には自己判断と自己責任でトレードを行うことが大切と言えます。

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事もいくつか書いていますので参考になさって見てください!

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事一覧

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。