【仮想通貨】ビットコインとリップルは三尊形成でさらに下落か!今後の展開と戦略は?

BTC & XRP

 

こんにちは!

よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて仮想通貨ビットコインやリップルなど

時価総額上位の通貨など大きな調整から軒並み下落している状態

そしてビットコインやリップルは三尊の形成からか

今後はさらに下落してしまう可能性があり

その事を含め今後の展開や戦略が気になると言えます。

 

そんな訳で

今日もいつもの様に仮想通貨投資初心者に向けて

そして分かりやすくbitbankでチャート分析を行っていきたいと思います!

 

まずは前回2月16日のビットコインとリップルのチャート分析記事は

こちらになっていますので参考になさってみて下さい!

 

では今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップルは三尊形成でさらに下落か!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは三尊形成からさらに下落の可能性があること
  • またリップルも三尊で下落の可能性が高いこと

 

 

また今回の記事を読むことで今後の展開や戦略として

下落目線を意識しつつも

  • ビットコインは107万円まで下げた後反発なら110万までロング検討
  • リップルも30.8円あたりまで下げた後反発できそうならロング検討

についてお伝えしたいと思います。

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさってみて下さい!

 

では早速ではありますが見ていきたいと思います!




【仮想通貨】ビットコイン三尊形成でさらに下落か!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のビットコイン(BTC)4時間足チャートを見てみると

昨日の調整による下落で上昇チャネルを割って

意識されていた108万6000円あたりのラインまでも下落

その後は106万5000円の安値をつけて下げ止まり

そこから緑色の100日移動平均線でサポートされる形で反発

2月17日午前10時現在、ビットコインの価格は108万6000円あたりで推移

黄色の75日移動平均線上で方向感を探る動きをしています。

今後の展開を予想し分析してみると

直近でダブルボトムの様な形をしていますが

大きな視点でみると三尊の様な形が意識できるので

再度緑色の100日移動平均線の価格である

107万円台あたりまで価格を下げてくるでしょう!

しかし下げてきても何とか100日移動平均線でサポートされている現状

一目均衡表の上昇雲の下限値のラインでサポートされ

上昇雲の流れに沿って価格を切り上げていく展開も予想はできます。

また4時間足でMACDではかなり低水準で推移していて

短期的にはここからの上昇に転じていく可能性があるのと

RSIでも40%前後ですので上昇してきてもおかしくない展開でもあるとは言えます。

そして110万円の注目ラインを突破した後は

赤色の短期線のある111万円のラインまで上昇していく事で

再度上昇チャネルに復帰を果たす形になり上値が軽くなっていく事を期待したい。

ただ日足レベルではMACDではデッドクロスの形成

RSIではやや高い水準で推移していること

そして先ほどでも伝えた通り広い視点でみると

三尊の形成から長期的な目線では大きな上昇とはいかず

どちらかと言えば三尊から再度下落の可能性が高いことも注意していきたい。

今後の戦略としては緑色の100日移動平均線がある

107万円台あたりまで下げてきた後

このラインでしっかりと反発した時に110万円あたりまでロングを検討

逆に明確に107万円のラインを割るようであれば

106万円あたりの水平ラインまで下げてくる可能性もあるので注意はしていきたい。

ただ投資には絶対はないので最終的には自己判断と自己責任で行う事を周知するとともに

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う様にしましょう!

 



【仮想通貨】リップルも三尊形成でさらに下落か!今後の展開と戦略は?

ビットバンク(bitbank)のリップル(XRP)4時間足チャートを見てみると

ダブルトップを形成した後に上昇トレンドラインを下抜ける調整から下落

その後は赤色の短期線を割ったのち一旦は33.7円あたりのラインで反発するも

赤色の短期線でレジスタンスされた格好から大きく下落

形は悪いですが右肩下がりの三尊から下落が加速

30.8円あたりの緑色の100日移動平均線でサポートされる形で下げ止まった状態です。

2月17日午前10時現在、リップルの価格は32.24円で推移

黄色の75日移動平均線で何とか耐えている状況が見て取れます。

今後の展開を予想し分析してみると

黄色の75日移動平均線を再度割って来る展開なら

30.8円のラインにある100日移動平均線まで下落はしてくる可能性は高い。

そしてその後はこの30.8円のラインで反発し

少しづつ上昇に転じてくる展開も期待できそうではあります。

というのは今回の調整で4時間足では

MACDではデッドクロスからかなりの低水準まで下げてきている点と

RSIでも売られすぎラインまで来始めている点を考慮すると

反発し上昇していく展開が考えられるのと

一目均衡表の上昇雲に沿って価格が上昇していく可能性があるからです。

その際の目指すべきラインとしては33.7円あたりのラインであり

ここを起点に今後のさらなる上昇に転じていく事に期待はしたい。

ただビットコイン同様に日足レベルでは

MACDではデッドクロスの形成があるのと

RSIではもう少し下げてくる可能性もあるので

長期的な今後の展開としては

三尊を意識した下落目線であることを

引き続き注意はしていく必要はあると言えます。

また今後の戦略としては緑色の100日移動平均線である

30.8円あたりまで下落後しっかりと反発し

上昇していける展開であればロングを検討したいですが

ただ下落目線の強く不安定な相場からポジションをとる際は注意はしていきたい。

 



まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は

「【仮想通貨】ビットコインとリップルは三尊形成でさらに下落か!今後の展開と戦略は?」

と題しまして

  • ビットコインは三尊形成からさらに下落の可能性があること
  • またリップルも三尊で下落の可能性が高いこと

 

 

また今回の記事を読んだことで

参考にしたい今後の展開や戦略として

下落目線を意識しつつ

  • ビットコインは107万円まで下げた後反発なら110万円までロング
  • リップルも30.8円あたりまで下げた後反発ならロング

これらを検討し参考にして頂けたらと思います!

 

さらにこれまでに仮想通貨に関しての記事を日々更新していますので参考になさって見て下さい!

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。