【暗号資産】モナコイン(MONA)爆上げからの調整!その後は更なる上昇か

MONA
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さて暗号資産モナコイン(MONA)ですが

ダウや日経との連動からビットコインが大きく上昇

それに追随する形でこのモナコインも爆上げした後は調整からか

一旦価格を落とし始めた状況となっている

 

この事からこれからはどうなっていくのかを含め

今後のシナリオが気になるところ

 

そこで今回は

「【暗号資産】モナコイン(MONA)爆上げからの調整!その後は更なる上昇か」

と題しまして

記事の内容

・爆上げからの一旦の調整

・調整の後は更なる上昇か

 

今後のシナリオと戦略

・短期線が上向き実体タッチでロング

・ディセトラ高値ライン反発でショート

・ディセトラ高値ライン上方ブレイクで押し目からのロング

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回7月3日の暗号資産モナコイン(MONA)のチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

【暗号資産】モナコイン(MONA)ダブルボトム形成で上昇か!日足では三尊意識から下落に注意

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記より登録が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




【暗号資産】モナコイン(MONA)爆上げからの調整!その後は更なる上昇か

ビットバンク(bitbank)の暗号資産モナコイン(MONA)4時間足チャート分析

 

モナコインは紫色の高値を切り下げて安値が一定のディセトラの中での推移であり

短期線に沿った値動きから大きく割って174円台まで下落した後

この水平ラインは意識されている重要なラインであるため反発

短期線を大きく越えて185円台まで爆上げ

7月7日午後12時現在、モナコイン(MONA)の価格は182.9円台

中長期線を越える上昇となった後は

200MAや一目均衡表の下降雲の上限でレジスタンスされた形となり

一旦の調整が入ってきた事が見て取れる

 

 

モナコイン(MONA)の今後のシナリオ

モナコイン(MONA)の今後のシナリオ

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・調整から180円のラインまでの下落

・ディセトラ高値ラインの188円台までの上昇

 

185円台まで爆上げしたモナコインではあるが

今後のシナリオとしては一旦の調整から価格を落とし

フィボナッチでいう0.382付近である180円の水平ラインまでの調整は視野に入って来る

その後はこの180円のラインは意識されているラインであるので

ここまで下落後に反発しディセトラの高値ラインである

188円台までの上昇に期待はしたい

またこのディセトラの高値ラインを上方ブレイクした場合には

直近高値の197円台を目指すシナリオとなるでしょう

 



モナコイン(MONA)の今後の戦略

モナコイン(MONA)の今後の戦略

 

注目すべきポイントは以下の3つ

参考にしたいポイントは以下の3つ

・短期線が上向いてタッチしたらディセトラ高値ラインまでロング

・ディセトラ高値ラインで反発されたらショート

・ディセトラ高値をブレイクし一旦押し目を付けたらロング

 

調整から180円のライン付近まで価格を落とした後

このラインで反発し上昇となった場合には

短期線と実体がタッチしサポートされたらディセトラ高値ラインまでロング

そしてディセトラ高値ラインまでの上昇の後に

このラインで反発されてしまった場合にはショートを検討

逆にディセトラ高値ラインを上方ブレイクした場合

一旦押し目を付ける形となったらそこからのロングを検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



【暗号資産】モナコイン(MONA)爆上げからの調整!日足で分析

モナコイン(MONA)日足チャートを分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・三尊天井が意識も上昇

・短期線にサポートされる形となればディセトラ高値ラインまでの上昇

 

三尊天井が意識されていたモナコインだが

大きく下げる事はなくディセトラの下限や中期線で反発し大きく上昇

短期線を実体ベースで越えそうな状況となっている

今後は短期線を割らずにサポートされる状況を維持できれば

ディセトラ高値ラインを越えて197円台のラインを目指す上昇に期待はしたい

ただ上昇雲を上抜けた後に上髭を付ける状態となった場合には

下落のサインとなるので警戒はしておきたい

 



【暗号資産】モナコイン(MONA)爆上げからの調整!週足で分析

モナコイン(MONA)週足チャートを分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線にサポートされれば上昇維持

・短期線を割れば中長期線までの下落

 

三角持ち合いの中を推移しているモナコイン(MONA)

短期線にサポートされる形から安値を切り上げており

9月の半減期に向けて上昇傾向にある事が見て取れる

引き続き短期線にサポートされる状況で推移できれば

半減期には下降雲の上値ラインであり持ち合いの高値ラインである

224円までの上昇は期待は持てるでしょう

ただし短期線を割ってしまう状況となった場合には

中長期線までの140円から150円付近までの下落は視野に入って来るので

半減期に向けて現物の買い増しを検討するのならここのタイミングが良いでしょう

また半減期というイベントは特殊であるのでこの224円で収まる事無く

持ち合いを大きく上方ブレイクする場合があるので引き続き注視してみていきたい

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「【暗号資産】モナコイン(MONA)爆上げからの調整!その後は更なる上昇か」

と題しまして

記事の内容

・爆上げからの一旦の調整

・調整の後は更なる上昇か

 

今後のシナリオと戦略

・短期線が上向き実体タッチでロング

・ディセトラ高値ライン反発でショート

・ディセトラ高値ライン上方ブレイクで押し目からのロング

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

昨日7月6日のビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

【暗号資産】ビットコインやリップル一時急落もすぐに反発!持ち合いを上抜け上昇か!

 

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

さらに登録に関する関連記事も下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。