モナコイン(MONA)152円台まで下落後反発!半減期まで後3日も下落目線か!今後の値動きと戦略は?

MONA
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてモナコイン(MONA)ですが

ビットコインの三尊天井の成立からの下落の影響で152円台まで急落

その後は反発するも乱高下の激しい値動きとなっている

モナコインの半減期まで後3日程となっているが

この事を含めて今後の値動きと戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「モナコイン(MONA)152円台まで下落後反発!半減期まで後3日も下落目線か!今後の値動きと戦略は?」

と題しまして

記事の内容

・152円台まで下落後は反発し上昇も上値は重い

・半減期まで後3日も下落目線が強く今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・下落のパーフェクトオーダーからの更なる下落

・152円台を割らずにダブルボトム形成なら上昇も割れば142円のラインが視野に

 

今後の戦略

・短期線に反発されたら152円付近まで戻り売り戦略

・安値の更新となった場合には戦略を更新し検討

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回9月2日の暗号資産モナコイン(MONA)のチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

モナコイン(MONA)196円台まで急騰!更に上昇か?半減期まで1週間!今後の値動きと戦略は

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




モナコイン(MONA)152円台まで下落後反発!今後の値動きと戦略は?

ビットバンク(bitbank)の暗号資産モナコイン(MONA)4時間足チャート分析

 

短期線に沿って下落していたモナコイン(MONA)だが

一時は大きな出来高が入り196円台まで上昇

その後はビットコインの三尊天井の成立を受けて急落

更に続落となった後は152円台で反発し上昇となった

9月5日午前11時現在、モナコイン(MONA)の価格は166.83円台

反発後は短期線を越えて180円台まで価格を戻すも

乱高下が激しい値動きとなりレンジを形成

下落のパーフェクトオーダーから上値が重たい相場となっている

そしてモナコインの半減期が9月9日の午前1時から2時頃となっているが

この事を含めて今後の値動きと戦略について気になるところだ

 

 

モナコイン(MONA)の今後の値動き

モナコイン(MONA)の今後の値動き

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・下落のパーフェクトオーダーからの更なる下落

・152円台を割らずにダブルボトム形成なら上昇も割れば142円のラインが視野に

 

モナコインの今後の値動きとしては

下落のパーフェクトオーダーから更なる下落には警戒したいところ

再び直近の安値である152円台までの下落となり

ここを割らずにダブルボトムの形成ができれば上昇に転じる事ができる

しかしビットコインの値動き次第では

この152円台を割る様な下落の可能性が高くなり

下落トレンドの形成となって142円付近までの下落には注意しておきたい

 



モナコイン(MONA)の今後の戦略

モナコイン(MONA)の今後の戦略

 

注目すべきポイントは以下の2つ

参考にしたいポイントは以下の2つ

・短期線に反発されたら152円付近まで戻り売り戦略

・安値の更新となった場合には戦略を更新し検討

 

モナコインの今後の戦略としては

下落のパーフェクトオーダーから更なる下落には警戒し

短期線が更に下げてくる事から

短期線に反発されたら直近安値付近の152円台付近まで戻り売り戦略を検討

またダブルボトムからの反発には注意しつつも

ダブルボトムを否定し安値の更新となった場合には

その都度戦略を更新し検討していきたい

 

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



モナコイン(MONA)半減期まで後3日!今後の値動きと戦略を日足で分析

モナコイン(MONA)日足チャートを分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・日足MACDでデッドクロスから短期線と中期線でもデッドクロスの形成

・半減期までの高騰には期待薄だが半減期後の値動きには期待

 

モナコイン(MONA)の今後の値動きを日足で分析してみると

日足MACDではデッドクロスの形成となっている事から

今後は短期線と中期線との間においてもデッドクロスの形成となり

更なる下落となっていく可能性が高い

またモナコインの半減期が9月9日の午前1時から2時頃に予定されているが

現状の相場を鑑みてもここからの吹き上げる様な上昇となっていくのは難しく

逆に下落目線が濃厚な相場となっていく可能性から

142円台や120円台といった水平ラインまでの下落には警戒したい

また半減期への高騰は否定的ではあるが

半減期が過ぎた後に大きな上昇となっていく可能性があるので

半減期後の値動きには期待していきたい

 



 

まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

 

今回は

「モナコイン(MONA)152円台まで下落後反発!半減期まで後3日も下落目線か!今後の値動きと戦略は?」

と題しまして

記事の内容

・152円台まで下落後は反発し上昇も上値は重い

・半減期まで後3日も下落目線が強く今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・下落のパーフェクトオーダーからの更なる下落

・152円台を割らずにダブルボトム形成なら上昇も割れば142円のラインが視野に

 

今後の戦略

・短期線に反発されたら152円付近まで戻り売り戦略

・安値の更新となった場合には戦略を更新し検討

 

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います。

 

 

前回9月3日の暗号資産ビットコインの分析記事はこちら

ビットコイン(BTC)三尊形成で119万円台まで下落!これからどうなる?今後の値動きと戦略は?

 

また昨日9月4日の暗号資産リップルの分析記事はこちらとなっているので参考に!

リップル(XRP)も26円まで大暴落!これからどうなる?今後の値動きと戦略について

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

ビットバンクの登録に関しては下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

XRP (リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。