【仮想通貨】26円台に下落したあと反発し上昇したリップルXRPの今後の値動きについて!

BTC & XRP
よしぼう
よしぼう

こんにちは!

よしぼう(@s_yoshibou1)です。

今日も仮想通貨投資の初心者に向けて簡単にそして分かりやすくリップルXRPの値動きについて解説していきたいと思っています。

まずはじめに昨日のリップルXRPのチャート分析記事はこちらになっていますので

参考程度で構いませんので読んで頂けると嬉しいです。

 

また本記事で紹介しているリップルXRPの購入に関しておすすめの取引所があります。

それは僕も取引の際にメインで使わせてもらっている日本国内にある仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)という取引所でありリップルXRPの取引量において世界一になっています。

ですので登録がまだの方はこのビットバンク公式サイトから簡単に登録できますので参考になさって見てください。

bitbank

 

ではこの記事を書いている現時点では2019年11月20日の水曜日の10時半頃になります。

現在のリップルXRPの価格は27.64円あたりで推移していますが一時は26.6円あたりまで下落しました。

その後は一転反発し上昇に転じている状況です。

 

そしてコインマーケットを見てみると全体的に4~5%下落した後に反発し上昇している感じを見て取れます。

ビットコインに関しては4万~5万円幅の急落がありました。

この4~5%下落した背景には昨日にNYダウが2万8000ドル以上の高値をつけたこともあり

その一時的にホットな市場に少し資金が流れていったのもあるかと思います。

 

では本記事では大きく下げてしまったリップルXRPが少し反発し上昇したことについてと

今後の値動きをチャート分析を通して解説していきたいと思います。

 

また今回も仮想通貨に関係する書籍として

「知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門」についての本も紹介します。

 

では早速ではありますが順に見ていきましょう(*`・ω・)ゞ

 

リップルXRPの4時間足チャート分析

ビットバンク(bitbank)のリップルXRP4時間足チャートを見てみると

長いこと陰線が続いて下落し続けていたリップルXRPでしたが26.6円あたりで反発し上昇しました。

ただ27.7円あたりのラインで頭打ちとなっているのでまだ安心はできない、そして一時的な反発上げのような気がしています。

これまでずっと下落してきたわけでそれの調整を含めた一時的な上昇と判断した場合は

今後また大きく下げてくる可能性もあるかもしれません。

そしてまだ下落のトレンドラインを大きく抜け出たわけではないのでまた

下げてくるとしたら26.6円~26.8円のラインまで再度下落してくるでしょう

仮にもこのラインを割って下落してきた場合は25円台の突入も視野に入ってきます。

逆にビットコインに大きく資金が入ってきた場合はリップルXRPにも時間差で跳ね上げてくるので

赤色の短期線25日移動平均線上の28円台を目指していく様にはなります。

ただ越えていってくれると少し面白い展開にはなってきますが今の段階では少し厳しいかもしれません。

今後は様子をしっかりと見つつその時々の状況にあった対応をしなければいけないと思います。

リップルXRPの日足チャート分析

次にビットバンク(bitbank)のリップルXRP日足チャートを見てみると

長い下髭をつけて下げ止まり一転反発上げのような状況を見せてはいます。

ただまだビットコインの状況も下落目線から脱していませんので

リップルXRPもさらに一段階さげてくる可能性は捨てきれません。

その場合は最深部の25円あたりのサポートラインまでは深掘ってから大きく反転するのでは

と思っているので引き続き注視していくとともに

1円刻みで買い指値の準備はしておくことは大切かと思っています。

僕も一応は25円あたりのサポートラインを意識した買い指値を入れていますが

まだ今のところは刺さる気配はありませんね!

余剰資金をうまく運用して今後の年末などに向けた動きを少しづづしていきたいと思っています

ただ何度も言いますが投資には絶対はありませんので

最終的に大事になってくるのは自己判断と自己責任が伴うことを認識する必要があることを忘れないようにしましょう!

 

書籍「知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門」について

今回も仮想通貨に関係する書籍を紹介したいと思います。

今回は「知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門」についての本になります。

こちらの本はタイトルにもある様にビットコインや仮想通貨に関して知識がない人向けの入門書となっています。

その中身はこれだけはおさえておきたい7つのポイントとして分かりやすく各章ごとポイントをおさえているので初心者にっては学びやすい仕様になっています。

基本的にビットコインは誰が作ったのかから始まりブロックチェーンやマイニングの仕組み、取引の仕方など

しっかりとおさえています。

また本書についての口コミもありますので参考になさってみてください。

著者は、ビットバンクの社長です。
今年話題沸騰の仮想通貨を語るのには適任者です。
見開き2ページでイラスト多く、説明も簡潔で要を得ています。

ポイントは7つです。
1.仮想通貨はネットの暗号通貨でデジタル取引台帳の集合体である
2.中央銀行が管理する法定通貨ではなく、発行量はプログラムによる自動発行
3.ブロックチェーンが中核技術で、分散型の台帳管理システムである
4.中央銀行が発行する法定通貨は中央集権型であり、仮想通貨は非中央集権型の分散管理型である
5.取引は仮想通貨取引所を通じて行い、マイナーが取引データを承認する
6.ブロックチェーン技術は、サトシ・ナカヤマ作成の論文によって作り出された
7.日本は、2017年の改正資金決済法により仮想通貨が決済手段の通貨として認められた。

それぞれのポイントについて簡略な説明がなされています。
実務実用的な説明です。

ブロックチェーンが世界の金融、経済、社会に与える重要性、意義については考察がなされていません。

取っ掛かりとしては良い本だと思いますが、これだけを鵜呑みにしてはいけません。
もっと本質的なことを知りたいのであれば、ブロックチェーン革命などの本を読むべきです。
私は難しい本は嫌いですが、本当に興味があったので楽しんで読めました。

仮想通貨の仕組みをしっかりと学ぶことができるので初心者向きの入門書ではありますが

十分な知識が得られる書籍になっていますので一度は手に取って参考にして見るのも良いとは思います。

最後に

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ

 

今回の記事では2019年11月20日のリップルXRPのチャート分析

陰線をつけて下落し続けてきた中で反発し上昇はしてきましたが

再度下げてくる可能性もあることを解説してきました。

今後下げる場合は26.6円~26.8円のラインを見ていくとともに

大きく割ってくるようなら25円台後半も視野に入れておきましょう。

 

また仮想通貨関連の書籍として

「知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門」について紹介しました。

 

僕が本記事でも紹介しているリップルXRPについて取引量が世界一である取引所

ビットバンク(bitbank)登録がまだの方はぜひとも済ませておいた方が良いでしょう!

bitbank

またビットバンクについての詳しい登録方法から入出金方法までは下記の記事を参考になさってみてください。

参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】どんな取引所なのか?また登録から口座開設までを紹介!

参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】入金・出金方法を簡単に解説!

 

またリップルXRPの購入だけでなく最近上場をしたステラ(XLM)の購入もできて

しかも仮想通貨投資の初心者でも使いやすいと言われていて人気の高い

コインチェック登録も済ませておいた方が良いでしょう!

コインチェック

 

さらに本日の関連記事として昨日のリップルXRPのチャート分析記事もあらためて参考にして頂けると嬉しいです。

関連記事⇒【仮想通貨】さらにリップルXRPが下落しどこまで下げるのか?今後の予想と行動を解説!

 

またこれまでの仮想通貨に関係する記事も多く書いていますので参考にして頂けると助かります。

参考記事⇒これまでの仮想通貨関連記事一覧

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

よしぼう
よしぼう

反発上げのような状況で上げてきてはいますがまだ下落目線なので注意はしておきたいですね。