【仮想通貨】リップルXRPが22円台まで下落したあとは反発し上昇!今後はどうなる?

BTC & XRP
よしぼう
よしぼう

こんにちは!

よしぼう(@s_yoshibou1)です。

 

今日も仮想通貨投資の初心者に向けて簡単にそして分かりやすくリップルXRPなどの値動きについて解説していきたいと思います。

まずはじめに昨日のリップルXRPのチャート分析記事はこちらになっていますので

参考程度で構いませんので読んで頂けると嬉しいです。

 

また本記事で紹介しているリップルXRPの購入に関しておすすめな取引所があります。

それは僕も現在、取引の際に主に使わせてもらっている日本国内の仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)という取引所でここはリップルXRPの取引量に関しては世界一になっています。

ですので登録がまだの方はこのビットバンク公式サイトから簡単に登録できますので参考になさってみてください。

bitbank

 

ではこの記事を書いている現時点では2019年11月26日の火曜日の12時ころになります。

現在のリップルXRPの価格は23.89円あたりで推移していて

22円あたりまで下落したあと反発し良い感じに上昇してきた感じがします。

ただまだ下落目線が残ってはいますがビットコインがこれから大きく上昇していくとすれば

リップルも相乗効果で少しづつ上昇に転じていく可能性はあるかと言えます。

 

そしてコインマーケットを見てみると

ビットコインが前日比+4%くらい上昇していてイーサリアムも同じ様な上昇率ではあります。

リップルも昨日よりは上げているのですがそれ程でもない状態ではあります。

 

ビットコインを見てみると

12時現在では78万2000円あたりで推移しています

4時間足を見てみると今後はダブルボトムが形成されていくとすれば

午後以降は少し下げてしまうかもしれません。

というのは短期線上で攻防を展開していて頭打ちにあう可能性もあるからです

引き続き注視してみていく必要があるかと言えますが

直近の目標としては取りあえずは80万までは上昇しトレンドの転換を目指して欲しいところではあります。

 

という事で本記事では

リップルXRPが22円あたりまで下落したあと反発し上昇に転じてきたことと

そして今後の値動きについて解説していきたいと思います。

 

また今回はリップルXRPのロングとショート比率を簡単にみていきます!

 

では早速ではありますが順に見ていきましょう(*`・ω・)ゞ

 

リップルXRPの4時間足チャート分析

ビットバンク(bitbank)のリップルXRP4時間足チャートを見てみると

22円あたりまで下落したあとに反発して上昇を見せています。

ただ短期線の25日移動平均線まで上昇することなく落ち着いてきた印象がするのと

今後はダブルボトムの様な形をしていくとすれば

再度22円台まで深掘って下落していくことも考えておく必要はあるかと思います。

もし下落の勢いが増した場合は20円あたりのラインまで下落する可能性が全くない訳ではないので

注視していく必要があると言えます。

結論としてはまずは直近の目標として短期線の24.7円あたりまで上昇していけば

少しづつ上昇への期待ができる展開にはなってくると言えるのと

下げてしまうのであれば今度は20円あたりに指値を入れておいて

押し目押し目で現物を買っていく準備をしておくことが最善の方法かと言えます。

リップルXRPの日足チャート分析

ビットバンク(bitbank)のリップルXRP日足チャートを見てみると

4時間足同様に22円あたりで大きな下髭をつけて反発し小さいですが陽線をつけたことが見て取れます。

また前日まではかなり大きめの売りの出来高が入っていて移動平均線からもデッドクロスの形成で下落してはきましたが

RSIから判断するとかなりの売られすぎの状態であるのとローソク足と移動平均線との乖離が大きいので

ビットコインの値動き次第ではありますがもう少し反発しつづけて少しだけ上昇はしていく様には感じます

 

リップルXRPのロングとショート比率

リップルXRPのロングとショート比率を見てみると

ロングが74.5%、ショートが25.5%くらいになっています。

数日前ではロング比率は80%、ショート比率は20%くらいでしたので

ショート目線が増してきたことが伺えます。

これは先日の意識されていたサポートラインの決壊により大きく下げてしまたために

市場心理が冷えてきたためにそうさせていると言えます。

今後はビットコインが上昇に転じてくればそれに便乗してリップルXRPも上昇するので

数日前よりかは価格が少し上げやすくなる印象はうけます。

 

最後に

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ

 

今回の記事では2019年11月26日のリップルXRPのチャート分析

リップルXRPが22円まで下落したあと反発し上昇に転じてきたことと

ダブルボトムが形成されるとすれば再度下落の可能性もあることも含めて

今後の値動きを解説してみました。

 

今後は下落する場合は22円あたりまで再度下落の可能性がある反面、

日足ではRSIによると売られすぎのサインもでているのですこし上への意識も出てくるかと判断できるので

しばらくは注視してみていく必要があるかと言えます。

 

そして今回はリップルXRPのロングとショート比率を簡単に見てきました。

 

仮想通貨投資を始めてみようかと思っている人に向けて一言あります!

それは僕が本記事でも紹介しているリップルXRPについて取引量が世界一である取引所こと

ビットバンク(bitbank)登録がまだの方はぜひとも済ませておいた方が良いということです。

というのは今後、リップルXRPは年末に向けてそして将来的にも価格の上昇が見込めるからです!

ぜひとも僕がおすすめする取引所の一つですので下記概要蘭を参考になさって見てください!

bitbank

 

またビットバンクについての詳しい登録方法から入出金方法までは下記の記事を参考になさってみてください。

参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】どんな取引所なのか?また登録から口座開設まで紹介!

参考記事⇒【bitbank(ビットバンク)】入金・出金方法を簡単に解説!

 

またリップルXRPの購入だけでなくステラ(XLM)の購入もできて

しかも仮想通貨投資の初心者にとっても使い易いとされていて人気の高い取引所

コインチェック登録も済ませておいた方が良いでしょう!

コインチェック

 

さらに本日の関連記事として昨日のリップルXRPのチャート分析記事もあらためて参考にしていただけると嬉しいです。

関連記事⇒【仮想通貨】サポートされていた25円のラインを割ってしまったリップルXRPの今後について!

 

またこれまでの仮想通貨に関係する記事も多く書いていますので参考にして頂けると助かります。

関連記事⇒これまでの仮想通貨関連記事一覧

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました(*`・ω・)ゞ

 

よしぼう
よしぼう

反発し上昇は見せてはいますが下落目線は継続中ではあるので引き続き様子はみていきたいですね!