リップル(XRP)28円台まで下落!どこまで下げるのか今後の値動きと戦略について

XRP
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてリップル(XRP)なのですが

短期線を越えて31円台まで上昇するも中長期線でレジスタンスされ下落

再び短期線を割った後は高値を切り下げつつ28円まで価格を落としてきた

これからはどこまで下げてしまうのかを含め

今後の値動きと戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「リップル(XRP)28円台まで下落!どこまで下げるのか今後の値動きと戦略について」

と題しまして

記事の内容

・28円台まで下落しどこまで下げてしまうのか

・今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・短期線と下降トレンドラインに反発され26円から25円まで下落の可能性が高い

・RSIでは売られすぎである事から反発上昇には注意

 

今後の戦略

・短期線や下降トレンドラインに反発されたら26円から25円まで戻り売り戦略

・25円まで下落すると反発し上昇の可能性が高くなる

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは

昨日8月27日の暗号資産ビットコインのチャート分析記事はこちら

ビットコイン(BTC)120万円から下落が濃厚!戻り売り優先で今後の値動きと戦略について

 

また前回8月25日の暗号資産リップルのチャート分析記事はこちらとなっているので参考に!

リップル(XRP)ダブルボトムからの上昇で30円台!ここから上昇か下落か今後の値動きと戦略は

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




リップル(XRP)28円台まで下落!どこまで下げる?今後の値動きと戦略は

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

 

短期線を割った後はこの短期線と30円の水平ラインがレジスタンスとなり頭を押さえつけられ

高値を切り下げた下降トレンドラインに沿った値動きで28円まで下落

8月28日午前11時現在、リップル(XRP)の価格は28.15円台

一時は27.3円付近まで価格を落とすも下髭をつけて反発

しかし全ての移動平均線がレジスタンスとなっている事で上値が重く

ここからどこまで下げてしまうのかを含めて

今後の値動きと戦略についても気になるところ

 

 

リップル(XRP)の今後の値動き

リップル(XRP)の今後の値動き

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線と下降トレンドラインに反発され26円から25円まで下落の可能性が高い

・RSIでは売られすぎである事から反発上昇には注意

 

リップル(XRP)の今後の値動きとしては

全ての移動平均線が抵抗となって重くのしかかり

短期線と200MAとの間でもデッドクロスとなりつつある事から

短期線と高値を切り下げた下降トレンドラインに反発され

ここから更に下落していく可能性が高いと言える

そしてどこまで下げてしまうかと言うと

26円や25円といった意識されるラインまでの下落には警戒したい

ただRSIでは30%前後で売られすぎとの見方もできるので

ここから一転して反発上昇にも注意しておきたい

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・短期線や下降トレンドラインに反発されたら26円から25円まで戻り売り戦略

・25円まで下落すると反発し上昇の可能性が高くなる

 

リップル(XRP)の今後の戦略としては

今後の値動きから判断しても短期線が下げてきて

高値を切り下げている事から下落目線が濃厚なため

短期線と下降トレンドラインに反発されたら26円から25円まで戻り売り戦略を検討

また25円の水平ラインはとても意識されているレジサポラインとなっているので

ここまで価格を下げた場合には一転し上昇していく可能性もある事から

現物の買い増しをするならこの25円を目安に検討していきたい

 

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



 

リップル(XRP)三尊天井が意識され下落!今後の値動きを日足で分析

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・三尊天井の形成から25円までの下落には警戒

・現在の28円のラインを維持できれば30円台の復帰の可能性もある

 

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析してみると

三尊天井が形成された状態となりこれからは更に下落していきそうだ

その場合にはフィボナッチ0.618の25円のラインまでの下落となるので警戒

しかしこの25円はとても意識されたレジサポラインであるので

ここからの反発上昇といった値動きには期待はもてる

また現在の28円付近のラインはフィボナッチ0.382であるので

ここまでの下落は想定内であった事がわかり

前方の上昇雲の高値ラインに沿った値動きができれば

再び30円台の復帰の可能性も残されているので注視してみていきたい。

 



 

リップル(XRP)逆三尊形成からの上昇か!今後の値動きを週足で分析

リップル(XRP)の今後の値動きを週足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線や上昇トレンドラインまでの下落

・週足レベルでは逆三尊の可能性

 

リップル(XRP)の今後の値動きを週足で分析してみると

これからは紫色の上昇トレンドラインや短期線まで下落していきそうだ

しかしここまで下落すると大きな目線では

週足レベルでの逆三尊の可能性が出てくる

例えば上昇トレンドラインや短期線まで下落後に反発となったら右肩が形成

そして三尊の成立となった場合にはネックラインの32から34円付近を越え

雲抜けからの大きな上昇となり50円が視野に入ってくるので期待はしたい

またSWELL2020が10月14日から15日に予定されていることから

右肩を作る下落となった場合には現物の仕込み時と捉えつつも

乱高下の激しくなる時期でもあるので週足レベルでも今後の値動きには注視していきたい

 



 

まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

 

今回は

「リップル(XRP)28円台まで下落!どこまで下げるのか今後の値動きと戦略について」

と題しまして

記事の内容

・28円台まで下落しどこまで下げてしまうのか

・今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・短期線と下降トレンドラインに反発され26円から25円まで下落の可能性が高い

・RSIでは売られすぎである事から反発上昇には注意

 

今後の戦略

・短期線や下降トレンドラインに反発されたら26円から25円まで戻り売り戦略

・25円まで下落すると反発し上昇の可能性が高くなる

 

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

 

また前回8月26日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

モナコイン(MONA)200円台で引き続きレンジ継続!半減期まで2週間!今後の値動きと戦略は?

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

ビットバンクの登録に関しては下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

XRP (リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。