リップル(XRP)調整からの反発上昇で33円台!ダブルトップには注意!今後の値動きと戦略は?

XRP
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてリップル(XRP)なのですが

34円まで上昇した後はRSIが85%を越える買われすぎから

大き目な調整が入り27.8円まで急落

その後は反発し上昇トレンドを継続しつつもダブルトップが意識されている

 

この事を含めて今後の値動きと戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「リップル(XRP)調整からの反発上昇で33円台!ダブルトップには注意!今後の値動きと戦略は?」

と題しまして

記事の内容

・調整からの反発で33円まで上昇

・ダブルトップには注意しつつ今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・ダブルトップとなれば短期線を割り28円台が視野

・上昇トレンドラインを割ることなく推移できれば34円突破

 

今後の戦略

・34円の高値更新及びこのラインで押し目をつけたら38円までロング戦略

・ダブルトップから下げて短期線を割る場合は静観

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは前回8月2日の暗号資産ビットコインとリップルのチャート分析記事

こちらになっていますので参考になさって見て下さい!

ビットコイン(BTC)125万円台突破!どこまで上昇する?今後の値動きと戦略は?

リップル(XRP)は30円を越える上昇!どこまで上がる?今後の値動きと戦略について

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録がまだの方は下記より登録が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




リップル(XRP)調整からの反発上昇で33円台!ダブルトップには注意!今後の値動きと戦略は?

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

 

34円の意識されていたラインまで上昇した後は調整から急落

27.8円台まで価格を落とした後は反発し再び33円台まで価格を戻す形となった

8月4日午前10時現在、リップル(XRP)の価格は33.64円台

高値一定で安値を切り上げたアセトラの様な持ち合いを形成しつつも

34円台のラインでダブルトップが意識されており

再び大きな下落となるのか又はダブルトップ否定から一気に上昇するのか

今後の値動きと戦略が気になるところ

 

 

リップル(XRP)の今後の値動き

リップル(XRP)の今後の値動き

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・ダブルトップ成立となれば短期線を割り28円台が視野

・上昇トレンドラインを割ることなく推移できれば34円突破

 

リップル(XRP)の今後の値動きとしては

34円付近でダブルトップが意識されている状態であり

ダブルトップ成立となった場合にはアセトラの持ち合いを下抜けて

短期線を割り再び28円付近までの下落の可能性となるので注意は必要

逆に上昇トレンドラインを割ることなく推移できれば

34円の直近高値を更新して38円の水平ラインまでの上昇となるので

今後の値動きには期待はしておきたい

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・34円の高値更新及びこのラインで押し目をつけたら38円のラインまでロング戦略

・ダブルトップから下げて短期線を割る場合は静観

 

リップル(XRP)の今後の戦略としては

34円の直近高値を上抜けてこのラインで押し目を付ける場合には

38円の意識されているラインまでロングを検討

逆にダブルトップから価格を下げ始め

短期線を割る値動きとなってきた場合には

静観する戦略を検討していきたい

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



 

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線と200MAとの間でゴールデンクロス

・短期線との乖離やRSIでの買われすぎ

 

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析してみると

短期線が中長期線だけでなく200MAともゴールでクロスの形成となってきた事から

上昇の勢いが更に強いものとなっていくでしょう!

その場合34円の水平ラインを突破したら一気に38円の水平ラインに挑む上昇となる

ただし日足ベースでもRSIが88%とかなりの買われすぎである事と

短期線との大幅な乖離があるので

一旦は再び大き目な調整がどこかで入ってくる事に警戒

またその際に注意しておきたい価格や可能性の話としては

28円の先日の調整でつけたラインまでの下落には注意しておきたい

そこはフィボナッチで言うと0.618であり意識された価格となるからだ

ここまで価格を落とした場合には

反発上昇といった今後の値動きに期待はしておきたい

 



リップル(XRP)の今後の値動きを週足で分析

リップル(XRP)の今後の値動きを週足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・ダブルボトム成立で38円までの上昇

・調整は意識しつつもSEWLL2020まで上昇継続か

 

リップル(XRP)の今後の値動きを週足で分析してみると

ダブルボトムを形成し短期線を越えて上昇

白色の下落チャネルを上抜ける上昇から長期線付近での攻防となっている

また25円のラインをネックラインとした場合

38円の意識される水平ラインまでの上昇に期待はもてる値動きとなる

ただ最近の急激な上昇からも常に調整による下落は意識しつつも

10月14日から15日に開催予定のSWELL2020に向けて更なる上昇に期待はしておきたい

 



まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

今回は

「リップル(XRP)調整からの反発上昇で33円台!ダブルトップには注意!今後の値動きと戦略は?」

と題しまして

記事の内容

・調整からの反発で33円まで上昇

・ダブルトップには注意しつつ今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・ダブルトップとなれば短期線を割り28円台が視野

・上昇トレンドラインを割ることなく推移できれば34円台突破

 

今後の戦略

・34円の高値更新及びこのラインで押し目をつけたら38円までロング戦略

・ダブルトップから下げて短期線を割る場合は静観

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

本日8月4日のビットコイン(BTC)のチャート分析記事はこちら

ビットコイン(BTC)調整からの反発で120万円台もトレンド転換か?今後の値動きと戦略について

 

また前回8月3日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

モナコイン(MONA)192円台まで調整による下落!反発なるか?今後の値動きと戦略について

 

 

また本記事で使用した仮想通貨取引所

ビットバンク(bitbank)の登録がまだの方は

下記ボタンより登録する事が可能!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

現在取引手数料ゼロキャンペーン実施中!

\キャンペーン終了日:2020年9月30日/

 

 

ビットバンクの登録に関しては下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

XRP (リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。