リップル(XRP)26円台!SWELLまで1週間!どこまで上がるのか?今後の値動きと戦略は

XRP
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてリップル(XRP)なのですが

SWELL2020まで後1週間と迫ってきました!

ビットコインが大きく上がらないまま推移している中で

このリップルはどこまで上がっていくのでしょうか?

この事を含めた形で分析しつつも

今後の値動きと戦略について気になるところ

 

 

そこで今回は

「リップル(XRP)26円台!SWELLまで1週間!どこまで上がるのか?今後の値動きと戦略は」

と題しまして

記事の内容

・26円台で推移もSWELLまでどこまで上昇するのか

・今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・三角持ち合いを抜ける場合は直近安値25.7円付近が意識

・ダブルボトムからの上昇で再び27.5円付近までの上昇に期待

 

今後の戦略

・25.7円付近のラインや中期線及び200MAで反発ならロング戦略を検討

・このサポートを割って上昇トレンドラインで反発ならロング戦略を検討

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは

昨日10月7日の暗号資産ビットコインのチャート分析記事はこちら

ビットコイン(BTC)上昇から下落目線へ!ここから更なる下落?今後の値動きと戦略は

 

また前回10月3日の暗号資産リップルのチャート分析記事はこちらとなっているので参考に!

リップル(XRP)急落から反発も24円台!更なる下落に注意しつつ今後の値動きと戦略は

 

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




リップル(XRP)SWELLまで1週間!今後の値動きと戦略について

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

 

直近では27.3円台の高値を付けた後は白色の下落チャネルの高値ラインで反発

短期線がある25.5円台あたりまで下落してきたが

このラインで反発し短期線にサポートされている状態が見て取れる

10月8日午前11時45分現在、リップル(XRP)の価格は26.25円台

直近では小さな三角持ち合いを形成しているが

この持ち合いや短期線を割った場合には下げ目線が出てくる一方で

SWELL2020まで1週間と迫ってきた事からも

ここからの大きな上昇につながっていくのか

 

また結論から言うと先日にツイートしましたが

SWELL2020まで32円から34円までの上昇となれば御の字かな、と

根拠はこれまでこの価格帯は特に意識されており

34円台の抵抗ラインを越えるにはこれまでの値動き上において重要なラインとされるからだ

 

次にこの事も含めまずは直近の値動き

そして今後の値動きや戦略について分析していきたいと思います!

 

 



 

リップル(XRP)の今後の値動き

リップル(XRP)の今後の値動き

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・三角持ち合いを抜ける場合は直近安値25.7円付近が意識

・ダブルボトムからの上昇で再び27.5円付近までの上昇に期待

 

リップル(XRP)の今後の値動きとしては

短期線を割って直近の三角持ち合いを下に抜ける場合には

直近安値の25.5円辺りが意識される値動きとなってくる

そしてここまで下落した場合には25.7円付近の水平ラインが意識され

サポートとしてやレジスタンスとしても機能しているラインであるので

このラインでの反発となればダブルボトムが形成

26.5円台辺りがネックラインとした場合には直近高値の27.5円付近までの上昇に期待が持てる

ただし下降チャネルの高値ラインでの反発も意識されるので注視

逆に25.7円付近でのサポートを割ってきた場合には

紫色の上昇トレンドラインまでの下落となるので合わせて注意が必要

このトレンドラインまで下落後はこれまで3度ほど反発しているが

再び反発し上昇していけるのかについても注意は必要な値動きとなってくるでしょう

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・25.7円付近のラインや中期線及び200MAで反発ならロング戦略を検討

・このサポートを割って上昇トレンドラインで反発ならロング戦略を検討

 

リップル(XRP)の今後の戦略としては

短期線を割って直近の三角持ち合いを下に抜けて

意識される25.7円付近のサポートラインや中期線及び200MAでサポートされた場合には

SWELL2020に向けてロングを検討していきたい。

また25.7円付近のラインでサポートされることなく下落した場合も

紫色の意識される上昇トレンドラインで反発となればロングを検討

 

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



 

リップル(XRP)SWELL2020に向けて今後の値動きを日足で分析

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・短期線にサポートやトレンドラインにサポートされ雲のねじれなどからの上昇

・SWELL2020当日まで32円台から34円をターゲットにそこからの急落には注意

 

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析してみると

このまま短期線を割ることなく推移できれば

SWELL2020の当日までに大きな上昇は期待は持てる値動きとなる

雲のねじれからの上昇や下降雲の突入

そして上昇トレンドラインを割る事がなければ十分に考えられる

SWELLという強烈なファンダと重なって直近の高値ラインである

32円から34円といったレジスタンスに向けての急騰に期待はしておきたい

しかし昨年同様に期待外れとなる可能性も捨てきれないので

当日までに32円や34円まで仮に上昇した場合には

一気に急落する可能性もあるので状況に応じて現物を手放すことも検討しておきたい

ただいずれにしても過剰な期待は避けるべきだと断言しておきます!

 



 

まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

 

今回は

「リップル(XRP)26円台!SWELLまで1週間!どこまで上がるのか?今後の値動きと戦略は」

と題しまして

記事の内容

・26円台で推移もSWELLまでどこまで上昇するのか

・今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・三角持ち合いを抜ける場合は直近安値25.7円付近が意識

・ダブルボトムからの上昇で再び27.5円付近までの上昇に期待

 

今後の戦略

・25.7円付近のラインや中期線及び200MAで反発ならロング戦略を検討

・このサポートを割って上昇トレンドラインで反発ならロング戦略を検討

 

 

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

 

また前回10月4日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

モナコイン(MONA)大きな反発で131円台!ここから更に上昇?今後の値動きと戦略は

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

ビットバンクの登録に関しては下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

XRP (リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。