リップル(XRP)27円台!SWELL2020当日!ここから上昇か下落か?今後の値動きと戦略は

XRP
よしぼう
よしぼう
こんにちは!
よしぼう(@s_yoshibou1)です!

 

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

さてリップル(XRP)なのですが

本日の16時にSWELL2020が開催されます!

例年ですとSWELL当日までに期待上げがあり

当日には価格が大きく下がるといった状態になります。

しかし今回は例年とは違ってここまで期待上げというものが殆どない事から

これまでのSWELLとは様子が違うといったところ

これらを踏まえてここから大きく上昇していくのか

又は開催と同時に大きく下げてしまうのかを含め

今後の値動きと戦略について気になります

 

 

そこで今回は

「リップル(XRP)27円台!SWELL2020当日!ここから上昇か下落か?今後の値動きと戦略は」

と題しまして

記事の内容

・SWELL当日!ここから上昇か下落か

・今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・アセトラの持ち合いを形成し上方ブレイクなら30円台を目指す上昇

・例年通りのSWELLとなった場合には持ち合いを下抜け25円台を目指す下落

 

今後の戦略

・現物ならSWELLの状況をみてホールドしつつ売却へ

・持ち合いを上方ブレイクなら追随しロングも下方ブレイクなら下げ止まるまで静観

 

 

是非とも最後まで読んで頂き参考になさって見て下さい!

 

ではまずは

昨日10月13日の暗号資産ビットコインのチャート分析記事はこちら

ビットコイン(BTC)一時123万円台まで上昇!ここから更に上昇か?今後の値動きと戦略は

 

また前回10月8日の暗号資産リップルのチャート分析記事はこちらとなっているので参考に!

リップル(XRP)26円台!SWELLまで1週間!どこまで上がるのか?今後の値動きと戦略は

 

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

よしぼう
よしぼう
では早速ではありますが見ていきたいと思います!

 




リップル(XRP)SWELL2020当日!上昇か下落か?今後の値動きと戦略は

ビットバンク(bitbank)の暗号資産リップル(XRP)4時間足チャート分析

 

短期線にサポートされる形で安値を切り上げ

27円台で上値が一定であるアセトラの様な持ち合いを形成

10月14日午前11時45分現在、リップル(XRP)の価格は27.11円台

全ての移動平均線が上向きで上昇のパーフェクトオーダーを形成している事から

SWELL2020当日との事もありここからの大きな上昇に期待が持てる値動きであり

この事も含め今後の値動きや戦略について分析していきたいと思います!

 

 



 

リップル(XRP)の今後の値動き

リップル(XRP)の今後の値動き

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・アセトラの持ち合いを形成し上方ブレイクなら30円台を目指す上昇

・例年通りのSWELLとなった場合には持ち合いを下抜け25円台を目指す下落

 

リップル(XRP)の今後の値動きとしては

例年ですとSWELL数週間前から期待上げがあって

当日には大きな下落となるが今年は例年とは違う様子

というのは期待上げが殆どない事やSWELL当日でのサプライズがあるかもしれない事などから

SWELLが終わった後に大きく上昇していく可能性すらある状態

これはチャート的にも4時間足では上昇のパーフェクトオーダー

アセトラの様な持ち合いを形成中である事から言える

短期線を割る事なく27.5円付近の高値を越える事ができれば

30円台を目指す様な大きな上昇に繋がっていくでしょう!

逆に例年のSWELL同様な値動きとなってしまう場合には

この持ち合いを下抜け再び25円台を目指す様な下落へと

繋がっていくので注意はしておきたいところだ

 

 



リップル(XRP)の今後の戦略

リップル(XRP)の今後の戦略

 

参考にしたいポイントは以下の2つ

参考にしたい2つのポイント

・現物ならSWELLの状況をみてホールドしつつ売却へ

・持ち合いを上方ブレイクなら追随しロングも下方ブレイクなら下げ止まるまで静観

 

リップル(XRP)の今後の戦略としては

チャート的にも上昇していく可能性やSWELL2020という事などを含め

現物を所持しているのであれば引き続きホールドをしつつ状況をみて売却

FXであればアセトラの持ち合いを上抜けた場合には追随する形でロングを検討

持ち合いを下抜けた場合には下げ止まるまで静観して様子をみていきたい

 

 

投資には絶対はなく最終的には自己判断と自己責任で行う事。

リスクリワード比率を考えて損切りラインを設定しトレードを行う事。

 



 

リップル(XRP)SWELL当日!逆三尊で上昇か?今後の値動きを日足で分析

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析

 

注目すべきポイントは以下の2つ

・日足での逆三尊の形成となればSWELL後に大きな上昇か

・最大で32円から34円といったレジスタンスラインへ挑む上昇へ

 

リップル(XRP)の今後の値動きを日足で分析してみると

チャート的に綺麗な逆三尊を形成している事から

例年で言えばSWELL当日からの大きな下落とはならずに

SWELLが過ぎてから大きな上昇といった値動きになる可能性がある

また前方の下降雲は下から上に抜ける可能性もある事や

27.8円付近の中期線を越える事ができれば大きな上昇の可能性もある

ただ絶対ではないが逆三尊からの上昇となった場合には

この27円付近がネックラインとして最大で32円から34円といった

レジスタンスラインに挑む形となっていくでしょう

例年のSWELLとは違った値動きに期待はしておきたいが

本日の16時開催に向けて嵐の前の静けさといったところでしょうか

ここからどんなサプライズがあるのか、また明日のSWELL2日目にも期待しつつ

引き続き4時間足だけでなく日足ベースでの値動きにも注視しておきたい

 



 

まとめ

よしぼう
よしぼう
いかがだったでしょうか?

 

 

今回は

「リップル(XRP)27円台!SWELL2020当日!ここから上昇か下落か?今後の値動きと戦略は」

と題しまして

記事の内容

・SWELL当日!ここから上昇か下落か

・今後の値動きと戦略について

 

今後の値動き

・アセトラの持ち合いを形成し上方ブレイクなら30円台を目指す上昇

・例年通りのSWELLとなった場合には持ち合いを下抜け25円台を目指す下落

 

今後の戦略

・現物ならSWELLの状況をみてホールドしつつ売却へ

・持ち合いを上方ブレイクなら追随しロングも下方ブレイクなら下げ止まるまで静観

 

 

 

これらを検討し参考にして頂けたらと思います

 

 

また前回10月9日のモナコイン(MONA)のチャート分析記事もありますので

こちらも参考になさって見て下さい!

モナコイン(MONA)130円!三角持ち合いを形成!ここから上昇か下落か!今後の値動きと戦略は

 

 

本記事では仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)にてチャート分析を行っています!

登録をご検討の方は下記公式HPを参考に!

\無料で簡単に口座開設&登録が可能/

 

 

ビットバンクの登録に関しては下記参照⇩

【bitbank】どんな取引所?また登録から口座開設まで紹介!

【bitbank】入金・出金方法を簡単に解説!

 

 

暗号資産に関しての記事は下記参照⇩

BTC (ビットコイン関連記事一覧)

XRP (リップル関連記事一覧)

MONA (モナコイン関連記事一覧)

 

 

よしぼう
よしぼう
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。