逆転の内藤哲也!史上初のIWGP二冠達成でハポン大熱唱?しかしKENTA乱入でぶち壊し!

プロレス

 

こんにちは!よしぼう(@s_yoshibou1)です!

いつもブログをお読み頂きありがとうございます!

 

前回に引き続き新日本プロレスの東京ドーム大会がSNS上において大きな話題になったので記事にして紹介したいと思います!

前回の記事⇒オカダ・カズチカが5度目の防衛も涙!その訳は?SNSの反応を紹介!

 

今回は「逆転の内藤哲也!史上初のIWGP二冠達成でハポン大熱唱?しかしKENTA乱入でぶち壊し!」と題しまして

新日本プロレスの一大興行こと東京ドーム大会の2日目が本日1月5日に行われ

そのメインイベントでは先日5度目の防衛を果たしたIWGPヘビー級チャンピオンのオカダ・カズチカ

同じく先日の東京ドームセミファイナルで見事にIWGPインターコンチネンタルチャンピオンに返り咲いた内藤哲也とのダブルタイトル戦

激闘の末、内藤哲也が悲願の二冠を達成し史上初の偉業を成し遂げたことについて

そしてKENTA乱入して最後のハポン締めをぶち壊した事について記事にしてみました。

 

では早速ではありますが見て行きましょう!

 

逆転の内藤哲也!史上初のIWGP二冠達成!

逆転の内藤哲也!史上初のIWGP二冠を達成したわけですが

そもそも内藤哲也が二冠を口にしたのはいつだったか。。。

そう、それは2019年1月29日の東京・後楽園ホール大会終了後のバックステージでのコメントにあります。

皆様、去年の10月、両国大会を思い出してくださいよ。当時のIWGPヘビー級チャンピオン、ケニー・オメガに、飯伏幸太、そして当時のUSヘビー級王者、Codyが挑戦したわけですよ。つまり、他の王座を保持しながら、IWGPヘビー級王座に挑戦することは可能ってことでしょ? じゃぁ、俺はそこを狙っていこうかな。インターコンチネンタル王座と、IWGPヘビー級王座を同時に保持すること、俺はその史上初の偉業を目指していきますよ。

引用:新日本プロレス公式サイト

このコメントは2019年2月3日、北海道きたえ~る戦でタイチ選手とのIWGPインターコンチネンタル戦を控えていた時のコメントであり

他の王座を保持したままIWGPヘビー級王座に挑戦できることが分かった後で

IWGPインターコンチのベルトを持ったままIWGPヘビーのベルトを獲るという史上初を狙い

それを成し遂げること、そして歴史に名を遺すことが内藤哲也の野望であったわけです。

それがようやく実を結ぶ結果となった訳であり内藤本人だけでなく応援しているファンにとっても大きな感動であったに違いありません。

今回の東京ドーム大会での内藤哲也の立ち位置は、完全なる外野!

そこからの大逆転劇は記憶にも記録にも残る大きな偉業達成になったに違いありません。

まさに逆転の内藤哲也!史上初のIWGP二冠達成!

有言実行の内藤哲也はやはりプロフェッショナルでした!

 



内藤哲也ハポン大熱唱?KENTA乱入でぶち壊し!

しかし試合後のリング上において内藤哲也、2年越しの東京ドームでのハポン締めで

EVIL、BUSHI、SANADA、ヒロム、鷹木、イ・内藤。ノスオトロス! ロス・インゴベルルルルナ~ブレ~~~ス! 。。。。??」

ん??

その時、なんとKENTAが乱入して最後のハポン締めをぶち壊してしまいました。

これには驚かされたと同時にある意味ではKENTAが歴史に名を刻む形になってしまいました。

これは酷い、まさにバッドエンド。。。

これについてのいくつかSNSの反応を紹介したいと思います!

 

KENTA乱入によりぶち壊しになってしまった最後のハポンコール!

内藤哲也の東京ドーム2年越しのマイクは叶わない形となってしまいました。。。





まとめ

いかがだったでしょうか(*`・ω・)ゞ?

 

今回は「逆転の内藤哲也史上初のIWGP二冠達成でハポン大熱唱?しかしKENTA乱入でぶち壊し!」と題しまして

新日本プロレスの内藤哲也選手が史上初のIWGPヘビーとIWGPインターコンチネンタルの同時戴冠、二冠を達成した事と

そして最後の内藤哲也の2年越しのマイク、ハポン締めの際にKENTAが乱入しぶち壊したことについて紹介してみました。

今後は内藤哲也とKENTAによる遺恨が話題を集めそうであるのと

内藤哲也が歴史に名を残したことでますますプロレスの人気が大爆発すること間違いないと感じました。

 

さらにPS4のファイプロワールドにて今回の1.5東京ドームの

内藤哲也 vs オカダ・カズチカの試合を再現してみました。

内藤選手を使用しての試合を行ったので試合展開は一方的な感じにはなりましたが

この試合ではしっかりとハポンコールを熱唱することが出来ました!

 

 

またプロレス関連の記事も日々更新していますので参考に読んで見て下さい!

関連記事⇒プロレス関連記事一覧

 

では最後まで読んで頂きましてありがとうございました。